貧乏と貧困

貧乏と貧困

私が生まれたのは、貧乏な家庭でした。小学校・中学校時代は酷い苛めに遭ったものです。ただただ、家庭が貧乏だからと言う理由だけで。あなたはこんな経験ありませんか?

 

恐らくですが、大半の家庭は、それ程お金もなく、貧乏な家庭が多いのではないでしょうか。少なくても私はそう思ってます。ではここで、貧乏とは何か、貧困とは何かについて書いていこうかと思います。なずけて貧乏と貧困。

 

貧乏とは・・・
財産が乏しく、且つ、収入が極端に少なく生活が苦しい事を言います。又は、貧しいさまとも言います。貧困より生活には困窮していない。俗に金欠と言われる場合もありますが、状況が悪化すると、赤貧とも呼ばれる事もあります。困窮により日常生活に支障をきたす場合、生活保護法による扶助の対象となります。
  • 【財産】とは

個人や団体に帰属する経済的価値のあるものの総称を言います。資本として利用されるものは財産ではなく、資産と言います。個人が所有するものを私有財産や私財などと言い、国が所有するものを国有財産と言います。

 

また、地方公共団体が所有するものを公有財産と言い、次世代に引き継がれるものを遺産と言います。土地やそれに付着する有体物を不動産もしくは、それ以外の物、あるいは財産を動産とも言います。一定の情報に関する財産の事を知的財産と言います。各種の財産権について、書かせて頂きましたが、とても大事な事なので覚えておくと良いでしょう。

 

  • 【収入】とは

ある期間に得た現金あるいはその等価物を指します。期間については、1ヶ月もしくは1年を基本とする事が多いですが、それぞれの総額を月収と言ったり、年収と言ったりします。

 

  • 【困窮】とは

収入資産がなく、もしくは少なく、生活に困っている人を表す用語です。他の言葉で表すなら、ワーキングプア、傷病者、ホームレスなどがこれに該当し、社会問題となっている事は言う間でもありません。

 

  • 【金欠】とは

単純に金銭を持っていない事を意味します。金銭=お金。

 

  • 【赤貧】とは

極めて貧しく、何も持っていない事を指します。最低な生活を強いられる。

 

 

では続いて、貧困とは、について文書形式で書いていきます。

 

貧困とは・・・
  • 全世界で5人に1人、つまり12億人もの男性や女性。そして子供が現在、極度の貧困状態に置かれ、1日100円未満で生活する事を余儀なくされているのが現状と言えます。また、世界では、約半数の人々が1日10円~30円と言う貧困レベル以下で生活しているのです
  • 約8億2,400万人が飢餓状態にあるか、もしくは不安定な食料供給に依存しています。そのうちの約5億人は、慢性的な栄養失調に苦しんでいます
  • 地球上には、栄養失調に苦しむ子供が約1億7,000万人いると言われ、学校教育を全く受ける事が出来ない子供が約1億人以上、中等教育を受けられない子供が約2億3,000万人います。そんな中、約2億5,000万人の子供が、自分が生きていく為に、そして家族を支える為に働いているのです
  • 先進国には、約500万人以上のホームレス、約3,700万人の失業者がいると言われています
  • 世界で16億人が飲料用の水を飲む事さえままならないのです
  • 読み書きが出来ない成人の数は、世界で約8億4,000万以上にも達しているようですが、そのうち65%は女性だと言う事です
  • 約8億人は怪我や病気などしても、病院に通う事も出来ず、亡くなる人もいます
  • 世界に49ヵ国ある最貧国のうち33ヵ国が集中しているアフリカでは、約2,810万人が HIV /エイズに感染しています。今後10年間に、アフリカに於いて、約4,000万人の子供がエイズで親を失うと見られています
  • 先進国には、人口350人につき、1人の割合で医師がいます。しかしながら、途上国には、人口6,000人当たり1人の医師しかいないのです
  • 全世界の消費支出の86%は、先進国に住む20%の人々によって消費されています。これに対し、世界で最も貧しい20%の人々は、全体の僅か1.3%しか消費していない事が分かっています

 

 

あなたは今現在、貧乏で苦しんでいませんか?

 

もし苦しんでいるのなら、あなた自身を変えなければこの先も貧乏生活から抜け出す事など到底無理な話しです。そしてもう一つ、ネガティブな気持ちを持たないと言う事も大事なのです。

 

本気で貧乏生活から抜け出したいと思っているのなら、考えるより行動を起こして下さい。まずは IROAS で稼ぐ為のスキルを身につけていきましょう。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-