女性のフリーランスとしての働き方

女性のフリーランスとしての働き方

ここ最近、フリーランスとして働いている女性が目立って見えるのですが、それは私だけでしょうか。今や、フリーランスとして働いているのは女性だけではなく、勿論、男性でもいます。今日は、女性のフリーランスとしての働き方について、書いていきます。

 

最近、増え続けている女性のフリーランス
年収1,000万円の稼ぎ方をしていると言われる程の「年収1,000万円層」が誕生しているとの事。年収1,000万円と言えば、それこそ、大企業に勤めている一部の人だけと言うイメージが強いと思います。しかしながら、今の時代は違うんです。
例えば、50代の女性が、スタートアップや上場企業を複数社兼任し、自分の専門性を強みに、渡り歩いていると言うのです。そしてそれは、Slack、チャットワーク、テレグラム、LINE ワークスなど、あらゆるコミュニケーションツールを使いこなしているのです。

IZMO_O2ホエイプロテイン

女性達は、お決まりの言葉を、漠然と述べる為に存在するのではなく、リアルで実務の現場に出て、守っているのです。女性達の理念に共感した企業だけをサポートすると言った自由な働き方でありながら、年収1,000万円以上を稼ぎ出しているのです。
そのような働き方を実現しているのは、1人や2人ではなく、数多く存在している事も分かっているのです。現代社会に不平不満を持ちながらも、閉塞感を感じている人達は、女性達の力強い存在を知る事で、新しい働き方と価値観に触れる事が出来るのです。
大企業に勤め、年収1,000万円、リアルに貰っている人達

 

このような話しがあります。例えば、年収3,000万円が物語る、年収300万円~1,000万円に膨れ上がった時が、一番幸せと言う事実がそこにはありました。この話しを聞いた多くの人達が、全くその通りだと答えたのです。

 

年収1,000万円辺りから、いろいろと不満が出てくると言う意見を、数多く頂いたと言う事でした。年収1,000万円の人達は、一体どのようにして、日々を感じ、過ごしているのか。誰もが想像しやすい大企業に勤務している人達のリアルに迫ってみましょう。

 

まず、年収1,000万円はと言うと、富裕層で言うところの最貧困層を意味します。年収1,000万円となって、自分が富裕層に入った事を意識し出すと、例えばですが、無料の楽天カードではなく、年会費が掛かる楽天プレミアムカードを利用します。

 

また、下町に住むのではなく、高級住宅地が並ぶ土地に住んでみたり、焼肉を食べに行くにも、割安な焼肉店ではなく、高級焼肉店の叙々苑に行って、堪能したり、少しだけアップグレードした生活感を始める人が多いように感じます。

 

富裕層の仲間入りとして、高級マンションに住み始めると言う選択

 

日本の富裕層と言うのは、どうして高級マンションに住みたいと思うのでしょうか?天下を取った気分にでもなりたいのでしょうか。と私は言いたい訳です。でも、その気持ちも分からない訳ではありません。

 

例えば、一人当たりの単価が3万円の寿司店だとして、そのような寿司店に行くようになってしまうその気持ちも分かります。その一方で、一番貧乏とも言えてしまうのが、年収1,000万円クラスなのではないでしょうか。

 

普通の人の考えでは、年収1,000万円は、貰い過ぎだと思うかも知れません。その変化は、富裕層の自負からの変化と考えても良いでしょう。年収1,000万円超えるようになると、富裕層としての自覚が芽生えるようです。

 

高級マンションと言えば「ラ・トゥール」「ブリリア」「パークハビオ」と言ったところに住み始める傾向が強いようです。本来であれば、年収1,000万円だと、普通は住めないような高級マンションに、大企業にお勤めなら、住めるようになる訳です。

 

IZMO_O2ホエイプロテイン

無理をしながらでも頑張る、年収1,000万円への道

 

高級マンションと言えば、住友不動産が有名ですが、その住友不動産の高級賃貸マンションである、ラ・トゥールシリーズでは、あの代官山で、しかも2LDK でも、家賃が約190万円を超えるそうです。その圧倒的なステータスに憧れますね。

 

また逆に、最高級ではないけれど、同じブランドを選ぶと言う消費行動の典型例です。心の中で感じる事は、年収の高まりと共に、周りの期待にも応えていこうとする、起業家の姿がそこにはあったりします。起業家と言うのは私の事です。

 

私の知り合いで、同じくして起業家がいるのですが、その人は、一般的なサラリーマンの平均年収の7倍以上にも当たる年収を手に入れています。年齢は30代後半なのですが、何でも3ヶ月ぐらい前に、2,500万円もする高級外車マセラッティを買ったそうです。

 

女性のフリーランスはやはり最強かも伝説

 

ここまでいろいろ書いてきましたが、如何でしたか?大企業 = 年収1,000万円とは全く異なる、新年収1,000万円層の話しをしていきましょう。最初に述べたように、スタートアップや上場企業を複数社兼任すると言った話しをしました。

 

自分の専門性を強みに渡り歩いている50代の女性と言うのは、30代の頃と比べると、今と同じようなフリーランスとしての働き方をしていたかも、と話します。実績の積み重ねが信頼となり、20年もの間、仕事は、引く手あまただと言います。

 

IZMO_O2ホエイプロテイン

20年前はと言うと、今より、フリーランスや個人の活動には、理解が乏しかった時代だと言えます。私達の想像を遥かに超える苦労があったと思います。ですが、今の女性達は、心から携わりたいと思った企業で、自分の専門性を発揮しています。

 

その姿は圧巻です。「サラリーマン・男性・大企業」と「フリーランス・女性・50代」と、どちらも年収1,000万円の働き方であり、変わらないのです。自由な価値観の中で、生きる事が許されるこの時代に生まれて良かったと思います。

 

では最後に、動画を1本視聴して頂いて終わりにしましょう。題して【女性フリーランス/起業家という働き方のリアルを聞いてみた 働き方改革トーク#3】です。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-