普通の人でも高収入を獲得出来る職業とは

普通の人でも高収入を獲得出来る職業とは

あなたに一つ質問があります。

 

単純に高収入を得ている人達って、どのような人達だと思いますか?恐らくですが、直ぐにその答えが出てこないのではないでしょうか。まずは、高収入を得ているタイプについて、どんな職業が多いのかを見ていきましょう。

 

普通の人でも高収入を獲得出来る職業とはについて、投稿していきます。

 

まず一般的には、医者、弁護士、公認会計士などの難関と言われる資格を持っている専門職の方々ですね。中でも、医者には、お金持ちが一番多いとまで言われています。但し、開業医の場合は、繁盛しているかどうかで収入は大きく変わりますが、1,000万円以上は当たり前で、1億円を超える事も多々あるようです。

 

勤務医の場合はどうなのでしょうか。所属している病院から、受け取る報酬は大した事ないと言いますが、他の病院で非常勤として働いたりした場合、合計すると良いお金になると言います。逆に弁護士や会計士に限っては、お金持ちは多くないと言います。そうは言っても、サラリーマンよりかは遥かに収入は高いですが。

 

ではここで、医者、弁護士、公認会計士、開業医、勤務医、非常勤などについて、説明していきましょう。

 

その前に、こちらの動画を視聴してみて下さい。題して「日給5万円以上!高収入の職業・アルバイト、ベスト5知ってるつもり」です。

 

医者、弁護士、公認会計士、開業医、勤務医、非常勤などについて・・・

【下記の医者、弁護士、公認会計士、開業医、勤務医、非常勤の内容については、ウィキペディアの中の文章を抜粋しています】

 

【医者】とは。

 

 

医療及び、保健指導を司る医療従事者の事を指します。医学に基づく傷病の予防、診療及び、公衆衛生の普及を責務とします。また、専門分野を分けると、内科医と呼ばれたり、外科医と呼ばれたりもします。

 

欧米では、医師の一般名称に対して、外科医だけが、と呼ばれている理由は、中世より、内科学 = 医学とされており、内科医 = 医師であったとされる。外科医の仕事として、初期の頃は、理容師によっておこなわれ、医療補助職として扱われていたそうです。

 

現在の義肢装具士や理学療法士等のような存在であった事から、別の名称が言われるようになったとあります。即ち、医師である内科医が、診察診断をおこない、その処方に基づいて理髪師 (外科医) が、外科的治療をおこない、薬剤師が内科的治療をそれぞれおこなっていたようです。

 

【弁護士】とは。

 

 

弁護士は、高度な法律の知識を備え、その法律の知識を武器に、人々の権利や利益を守る人の事を言います。犯罪を含めた刑事事件や不動産売買関係のトラブル、交通事故の慰謝料問題、離婚問題、相続問題など、少しでも法律が関係する事であれば、弁護士の力を借り、解決の糸口を探る事が出来ます。

 

人々から大きな信頼を得ている職業と言えるのではないでしょうか。弁護士は、依頼者やその関係者と、解決に向けて話し合いをおこなう他、法的な手続きをおこなったり、依頼者を守る為に、法廷で発言したりします。

 

法廷で発言するなどと言うのは、テレビドラマでも見た事あると思います。刑事事件では検察官と、民事事件では相手の弁護士と、依頼者に代わって論争をおこなう為、法令や判例に関する幅広い知識だけでなく、依頼者の意見や考えをしっかりと把握しておく必要もあると言えます。

 

【公認会計士】とは。

 

 

その名の通り、会計の専門家です。各国の制度によって、その業務の範囲と比重は異なりますが、共通して言うならば、会計監査を独占業務としています。その他に、経理業務やコンサルティング業務、税務業務などもおこないます。

 

公認会計士の主な業務である財務諸表監査に於いては、財務情報が適正に表示されているかどうかについて、独立した立場から意見を表明するものです。これは、上場会社などの社会的に影響力の大きい会社に義務付けられています。

 

その意義は、虚偽の財務情報によって、投資者や債権者などの利害関係者が損害を被る事を防ぎます。財務諸表監査がおこなわれた場合、証券市場を投資家が信認する事が出来なくなり、経済の活性化が阻害されます。

 

その意味からしても、財務諸表監査は、経済の発展に資しており、公認会計士制度は、重要な経済インフラであると言えるのではないでしょうか。こうした公認会計士の役割はしばしば、資本市場の番人と呼ばれているのです。

 

【開業医】とは。

 

 

自ら診療所、病院を営んでいる医師や歯科医師の事を指します。病院以上の規模の医療機関とは異なり、一般診療を主におこなう開業医の診療所には、各診療科の専門医師が揃っているのではなく、一人ないし数人の医師が全ての診療を扱う場合が多いです。

 

その為、ある種の専門性を標榜しながらもプライマリ・ケアを基本に、一般診療もおこなう医院では、整形外科医や眼科医等のどんな所でも、取りあえず、内科も標榜している場合が多いと言えます。

 

本来であれば、内科が専門でない医師の場合、内科を標榜していてもプライマリ・ケアをおこなう診療能力の格差は医師の間に於いて、非常に大きいと言えます。最近では、様々な診療科を標榜する、それぞれの開業医が、一つの敷地内に集まって開設し、メディカル・モールを形成し、患者数を集めるような工夫もなされています。

 

【勤務医】とは。

 

 

病院や診療所などの医療施設における被雇用者として診療に従事している医師の事を言います。ご存知かも知れませんが、外来診療から大手術まで、一般の総合病院と何ら変わらない医療行為をおこなうとは言え、大学です。

 

実際に、患者さんの症例と向き合いながら、データを集め、研究しては学会で発表をする、と言った活動が伴います。これらの研究なくして、更なる医学の発展はないと言えます。医療技術の進歩や治療法の解明に於いて、これらの研究が大きな役割を果たしてくれているのです。

 

大学病院の医局勤務医になった場合、診療科目によって変動はありますが、当直頻度により、変わりますが、それなりの年収を貰う事となります。その分、臨床での拘束時間も長い上に、院内でのカンファレンスに向けた準備と、それらに付随して研究の纏めやレポート作成も必要になるので、責務は非常に多岐に渡ると言っても過言ではありません。

 

【非常勤】とは。

 

 

勤務形態に関する用語であって、労働契約における労働時間が、フルタイム勤務者よりも短い被用者を指します。短時間労働者・短時間勤務職員ともされ、1週間の所定労働時間が、同一の事業所に雇用される通常労働者の、1週間の所定労働時間と比較して短い労働者と言う意味になります。

 

補助的な作業が多く、アルバイト、有期雇用のような人もいれば、弁護士、公認会計士などの専門知識を持つ人も含まれる事も多々あります。常勤と比較する為に、看護師、警備員など、変形労働時間制が敷かれる場合には、非常勤とは呼ばないようです。

 

如何でしたか?こう見ると、良い職業のようにも見えますが、それなりに大変だと言う事も伺えますね。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-