不労所得を得てみたい方

不労所得を得てみたい方

まず初めに、あなたは不労所得と言う言葉を聞いた事がありますか?即ち、権利収入と意味は一緒です。何度か当ブログでも、紹介させて頂いている訳ですが、この不労所得を、あなたも手に入れてみたいと思った事はありませんか?不労所得を手にすれば、将来安泰間違いないでしょう。

 

不労所得を得てみたい方について書いていく前に、まずはコチラの動画を視聴してみて下さい。題して【再現性高 ギリ不労所得になり得る稼ぎ方】です。

 

不労所得とは・・・

 

不労所得について、分からない人も多数いると思うので、説明していきたいと思います。不労所得とは「利子」「配当金」「家賃」「地代」などのように、あなたが働かなくても得られる収入の事を指します。

 

もう少し具体的に言うと、預貯金の利子、株式の配当金、アパートやマンションの家賃収入などが該当し、あなたが何もしていなくても、お金が勝手に入ってくる仕組みの事を言います。ここで一つ、覚えておいて貰いたい事があるのですが、株式の配当金や家賃収入などは、必ず得られるものではないと言う事を。

 

また、ブログやユーチューブ動画などの配信後に得られる広告収入に於いても、ある意味、不労所得と言えます。インターネット上に動画をアップロードするだけで、視聴回数に応じ、継続的に広告収入が得られると言うものです。

 

しかしながら、配信する為には、コンテンツの制作が必要になり、労力が伴う事も多い為、既にコンテンツ資産を保有している方や、作業に慣れていない人でないと、不労と言う観点からはやや疑問が残るものとみられます。

 

不労所得を得る為の代表的な方法について
もしあなたが、不労所得を得てみたいとなった時、どのような方法で得たいと思ってますか?実は不労所得を得ようとした際、いくつかの方法がある事はご存知でしょうか?知らない方の為に、今から書いていきますね。
  • 【誰もが知っているであろう株投資や FX 投資について】

 

 

株は、証券取引所に上場されている株を売買する事で、配当金や売却益を得る事を目的とする投資の一つです。配当金とは、株式を一定期間保有する事で、得られるお金の事です。配当の金額はその企業によって異なります。

 

また、株の売買による売却益も不労所得の一つになります。ですが、株価は必ず上昇するとは限らない為、期待する売却益が確保出来るまでに多くの時間を要する事もあります。株価の値動きを常に監視するなどして、一日中株価ボードに張り付いて取引をしなければなりません。

 

その為、精神的ストレスや負担も多く、向き・不向きに分かれます。このように株式投資は少ない労力で大きな収入を得る機会もありますが、大損する事も十分にある為、始める時は、慎重に検討する必要があります。

 

FX を訳すと → Foreign Exchange の略であり、これを日本語に訳すと、外国為替証拠金取引と言います。この外国為替証拠金取引ですが、聞いた事ありますか?具体的に言うと、日本の通貨である円、ドル、ユーロなどの外国通貨を交換し、その差益を得る事です。

 

但し、通貨の価格変動に関しては、株取引以上に大きい場合があります。FX に関しては、常に監視が必要な為、不労所得としてはどうなのかと言うところでもあります。私個人的には、FX より、株の方が良いのではと思っています。

 

  • 【誰もが知っているであろう不動産投資について】

 

 

不動産投資は、土地や建物などを購入し、それらの賃貸や売却等を通じて、収入を得る目的でおこなわれます。不動産投資で言うところの不労所得は、家賃などの賃料と売却益がメインになります。沢山保有していればいる程、お金が入ってくると言う訳です。

 

家賃収入の種類にはいくつかあって、例えば、建物の賃貸による賃料、土地の賃貸による賃料があります。家賃収入は、株式投資などとは異なっており、毎月一定額の賃料が見込める為、収益の見通しが立てやすいと言ったメリットがあります。

 

但し、このような物件購入後の管理業務は、管理会社に委託出来る為、働きながら副業として賃貸業を営む会社員や自営業者の方が多くいます。駐車場賃貸の場合であれば、維持管理の手間はさらに少なくなると言えます。

 

  • 【誰もが知っているであろう印税収入について】

 

 

本の出版などにより、印税を得ると言う方法もあります。しかし、印税を得るには、大変な努力が必要とされます。印税とは、本などを執筆した著作権者が、その著作権の使用の対価として出版者などから得る収入の事を意味します。

 

出版物の定価や発行部数などに基づいて受け取る印税の割合が決められるそうです。例えばですが、定価1,000円の単行本に対する印税が10%とした場合、それを20万部売り上げたとしたらどうなるか。1,000円×10%×20万部 = 2,000万円の印税が得られると言う計算になります。凄いです。

 

  • 【誰もが知っているであろう広告収入について】

 

 

自分のブログに広告を掲載したり、You tube などの動画配信サイトで、動画そのものに広告を掲載したりして、広告収入を得ると言う方法もあります。広告収入では、ブログなどの閲覧数が多ければ多い程、広告媒体としての価値が高くなる傾向にあります。

 

閲覧数が多いサイトや動画に広告を出すなどすると、より多くの消費者に、その商品やサービスを認知して貰え、それにより購入や利用の増加が期待出来ると言う仕組みです。ブログや動画配信などは閲覧数が多ければ多い程、収益も増え、不労所得に繋がると言えます。

 

多くの広告料を手にする事も出来ますが、配信する内容が魅力的だったり、SNS で話題になったりしないと、中々、閲覧数は増えません。また、視聴者を引きつける内容を配信する為には、制作に時間が多く掛かったり、毎日継続して、コンテンツを作り続ける忍耐力が必要になったりします。

 

アクセスが程々あるブログや動画チャンネルを既にお持ちであれば、それに見合った収入も得やすいですが、印税収入と同様に、広告収入の為に、ゼロから勉強して、取り組むと言うのは、根気と忍耐力が必要であり、ハードルとしては高いと言えるのではないでしょうか。

 

それでは最後にもう一本、動画を視聴してみて下さい。題して【現代の不労所得とは?税理士大河内の所得から分析する】です。

 

不労所得を得てみたくなったあなた、是非、IROAS で不労所得を得る為の無料説明会にご参加下さい。説明会は自宅にいながら参加出来ます。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク



日本初訴求

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-