日本の貧困層には糖尿病患者が増えている

日本の貧困層には糖尿病患者が増えている

現代に於いて、貧困層が増えれば増える程「飢え」ではなく、炭水化物漬けになってきているのが分かります。その結果、糖尿病を引き寄せる時代になっていると言えるのではないでしょうか。貧困層 = 糖尿病 = 認識を改めなければならないと思っています。

 

今日は、日本の貧困層には糖尿病患者が増えているについて、書いていきます。では最初に、コチラの動画を視聴してみて下さい。

 

貧困 = 栄養失調ではなく、貧困 = 糖尿病なのです。これは、全国の医療機関96施設に於いて、40歳以下の2型糖尿病患者の実態調査をした結果として、患者世帯の年収分布から、年収200万円未満が57.4%を占めているとの報告が出ているようです。

 

正に健康被害と言っても良いくらいですが、その健康にまで、格差が現れた日本である訳ですが、もはや糖尿病は、他人事ではなく、貧困層独特の持病に発展するかも知れないと言う事実。あなたはもしかして、炭水化物は好きですか?

 

炭水化物嫌いな人っているのでしょうか

 

恐らくですが、炭水化物が好きだと思うのは私だけでしょうか?そんな事はないですよね。いつだったか忘れましたが、ある雑誌に、お金持ちもアメリカ大統領も炭水化物漬けだ、何て言うのを読んだ事があります。炭水化物は美味しいのだ。

 

しかしながら、富裕層は、肉や魚、野菜を沢山食べる余地があって、更に言えば、健康に気を使ったり、高額な医療に掛かる事も可能である。例え、炭水化物漬けであっても、他の栄養素がキチンと取れていて、健康のアドバイスも受けられます。

 

ですが、貧困層の場合、そうはいきませんよね。厚生労働省の調査によると、所得が低い層であればある程、お米やパンなどの炭水化物を主体とした食事になってしまい、野菜や肉類を取らなくなっていくと言う悲しい結果が出ているそうです。

 

その理由は明白で、炭水化物はただ単に安いからです。例えば、低所得層の多くは、インスタントラーメンを好んで食べると思いますが、その麺も勿論、炭水化物で出来ているのです。カロリーは意外に高く、1袋100円以下で買えるので、かなり安いと言えます。

 

外に食べにいけば、どんな安い食事でも500円くらい払わないと食べられないでしょうし、ちゃんとしたレストランであれば、最低でも1,000円以上するのは当たり前だと思うのです。私は昔、お金がない時代に、即席ラーメンしか食べられなかった経験があります。

 

炭水化物が沢山入っている食品とは・・・

 

例え、インスタントラーメンが主食だったとしても、そこに野菜や肉などがあった場合、栄養価としては、合わせれば良いと思うけど、それを買う場合などは、どちらも高いので、節約するのであれば、何も入れずにインスタントラーメンだけを食べるのが一番安いと言えます。

 

ですが、必然的に炭水化物を主体とした食事に少しずつなっていき、段々と、野菜も肉類も食べていかなくなり、栄養が偏り、極度の貧血状態に成り得る事も考えなくてはなりません。それを考えると、野菜や肉類を同時に食べられた方が無難と言えるでしょう。

 

コンビニで売られている弁当なども、炭水化物の塊であり、菓子パンに至っては、炭水化物と糖分がびっしりと混ぜられていると思った方が良いです。300円台で食べられる各種ジャンクフードに限っても、やはり炭水化物が主体であると言えます。

 

所得の低い人は、どっぷり太っている?

 

日本人とは違うのですが、アメリカ人やメキシコ人でも、低所得者層がどっぷり太っているのは、紛れもなく、炭水化物の塊であるピザやタコスが安く大量に買えるからである。その為、アメリカでは、ピザが国民食と言える程、多く食べられているのだ。

 

炭水化物に砂糖を入れたスナック菓子も安く、更に美味しく、炭水化物に脂肪がたっぷり入ったジャンクフードも安く、更に美味しいのだそうです。そこに砂糖がたっぷり入った炭酸飲料をガブ飲みしているからたまったものではない。

 

そうなれば、自ずと分かると思うが、安くて確実にお腹が膨れるのだ。それだから、低所得者は炭水化物ばかりを食べているから、ぶくぶく太るようになり、健康被害も出ているのは言う間でもない話しなのである。

 

低所得層になればなる程、炭水化物を多く取り、肥満になる

 

発展途上国、インドなども例外ではないと言える。インドなどは極貧の環境なのにも関わらず、どっぷり太った人達が沢山いる中、スラム街に住んでいる人もいて、皆、腹が突き出ており、肥満が見て取れます。

 

インドも、お米や小麦が大量に安く流通しているので、低所得層が炭水化物を流し込むようにして食べていると言います。おまけに、どこのお店でも、小分けにしたスナックを安く売っており、子供達が朝から晩までそれを口にしているそうです。

 

炭水化物は日持ちする為、工場での大量生産に向いており、消費されやすいと言えます。その為、企業は炭水化物まみれの食品やスナックを大量生産するようになり、大量に溢れたものがどんどん出回って価格も安くなってます。

 

極度の低所得層は飢えてますが、そこまで至らない低所得層に限っては、炭水化物漬けになるのです。今の世の中は、世界中の低所得層が炭水化物を大量に食べる時代であって、低所得層になればなる程、炭水化物が過剰になり、矢が上にも肥満になっていく仕組みになっていると言えます。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-