ネットワークビジネスにおける商品のチェックポイントとは

ネットワークビジネスにおける商品のチェックポイントとは

まず初めに動画をご視聴下さい。こちらの動画は【ネットワークビジネスの商品が必ずしも良い商品だと限らない】です。

 

それでは今日の投稿内容は、ネットワークビジネスにおける商品のチェックポイントとはについてです。

 

各ネットワークビジネス会社によっては、取り扱っている商品そのものが違うケースが多いですが、とは言え、健康食品、サプリメント、健康器具、何らかの機材などを取り扱っているネットワークビジネス会社は多いと思います。と言うよりも、殆どがそのような類の商品を取り扱っています。

 

ネットワークビジネス会社の中には、競争優位を確立すべく、差別化における戦略がしっかりしている時代に合わせたコンセプトがあります。例えばですが、商品の売上推移が増加傾向にあり、他社の追随を許さない製造技術や特許などを保有しています。

 

商品開発には、科学者や医学博士など、専門家が参加し、製造物に関する責任保険に加入するなど、万全の対策を講じ、公的機関の基準をクリアした品質管理を実施。多くの人の支持が得られる組織が構築しやすいとされています。

 

集客力がある意味、安定した収益源になり得る訳です。消耗品の場合、リピートオーダーされる消耗品であり、価格帯がリーズナブルな設定になっています。身体に害がなく、有効成分が多く含まれており、商品アイテムに偏りがなく、豊富な品揃えがあります。

 

ではここで、復習として、ネットワークビジネスの仕組みについて、もう一度、書いていきましょう。

 

ネットワークビジネスの仕組みについて・・・
ネットワークビジネスではない、一般的なビジネスでは、商品を顧客に販売する事で、利益や手数料を得る事が出来ます。それは、ネットワークビジネスに於いても言える事なのですが、購入者を探して、手数料を得ると言う事から考えれば、同じ事なのです。
ネットワークビジネスで特徴的なのは、何と言っても、会員が別の会員を勧誘する事であって、それで利益が得られます。また、自分が勧誘した会員が商品を販売する事でも、利益を得る事が出来るのです。これは魅力的ですよね。
こうした利益こそが権利収入と言うものなのです。ネットワークビジネス以外のビジネスでは絶対にあり得ない話しです。権利収入を目的として会員を連鎖的に勧誘し、売り上げを拡大していく事になります。これが宿命でもある訳です。
会員を新たに勧誘する事で、利益を得られる事から、ネットワークビジネスとネズミ講は混同されやすいようです。下記にネットワークビジネス、ネズミ講、マルチ商法の違いについての画像を貼り付けておきます。
あなたより下の会員が上位会員へお金を支払います。ネットワークビジネスと違って、商品の売買はせず、新たな会員が増えなければ破綻してしまいます。ネズミ講の場合、無限連鎖防止法によって禁止されていますが、ネットワークビジネスは特定商取引法に於いて、連鎖販売取引として合法的なものです。
但し、商品の価格が実態とかけ離れて高額であるなど、ネズミ講と勘違いされるネットワークビジネスもあるので注意が必要です。また、合法とは言え、ネットワークビジネスに於いても、勧誘における禁止行為が定められるなど、厳しい規制があるのも事実です。
ネットワークビジネスで取り扱う商品としては様々ありますが、例えば、健康食品や健康器具、化粧品やサプリメントなどがあります。消耗品でリピーターが多い商品を扱う事が多いようです。最近のネットワークビジネス会社では、情報商材と言ったものを取り扱っているところもあるようです。
ちなみに、私が所属している IROAS では、情報商材ではありませんが、情報を扱っているネットワークビジネス会社となり、上記で書かせて頂いた健康食品や健康器具、化粧品やサプリメントなどの商品は一切取り扱っておりません。
日本におけるネットワークビジネス会社で一番有名なのが、誰しも知っているかと思いますが、アムウェイなどではないでしょうか。ここで、アムウェイ創業者の画像と動画を参考までに載せておきたいと思います。
まずは下記の画像をご覧下さい。下記の2人がアムウェイ創業者の (ジェイ・ヴァンアンデルとリッチ・デヴォス) です。
では最後に、下記の動画をご視聴下さい。この動画はアムウェイ創業者の (ジェイ・ヴァンアンデルとリッチ・デヴォス) に関連する動画です。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク



日本初訴求

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-