ネットワークビジネスの流通

ネットワークビジネスの流通

流通と言っても様々ですが、一般的な流通から、ネットワークビジネスにおける流通まで。では先に、一般的な流通方法について書いていきます。

 

一般的な商品の流通経路
ここには生産者がいます。生産者とは、メーカーだったり、農民だったり、漁民などの事を指します。また次卸業者や仲買などもそれに当たり、二次卸業者から小売業者へ渡り、最終的に消費者へといきます。これが一般的な流通経路であり、今も昔も変わりませんね。
  • 輸入商品の場合、外国の生産者が、ある国における正式な独占販売権を与えて便宜を図る事が多く、販売権の与えられた販売業者を総代理店などと言う事があります
  • 卸業者は、二次卸業者・小売業者を省き、一次のみの場合もあります
  • 1980年代以降、チェーンストアのように大規模化し、全国化する小売業者が増え、メーカーから直接仕入れる傾向が多いですが、SPA (製造型小売業) のように、小売業者主体で商品企画をおこない、これに基づいて委託生産した商品を販売する形態も登場しています。それがユニクロだったり、GAP などです
  • さらに言えば、情報技術の発達によって、これまでは野菜など、極小規模に限られていた生産者による消費者への直接販売も、品目によって、大規模におこなわれるようになりました

 

あなたにお聞きしたいのですが、究極の流通とは何だと思いますか?

 

それは、次卸業者や仲買、二次卸業者や小売業者などを一切通さず、直接メーカーから消費者に商品が渡る事なのです。このような事が可能になる事で、より高品質な製品や商品そのものを消費者に提供する事が十分可能なのです。

 

なぜ?どうして?と思われた方もいると思うので説明しましょう。

 

それは、本来メーカーと消費者の間に介在する代理店業、中卸業、小売業、そして広告費などのマージンを研究費として回す事が出来るからなのです。さらに言えば、消費者の反応がメーカーに伝わりやすい為、ニーズに合った商品開発が出来る訳です。

 

宣伝活動をしなければ消費者はその存在すら知る事が出来ませんよね。それを可能にしたのが口コミと言う手法を用いる事で、より高品質な製品や商品そのものを、より安く消費者に提供する事が出来るようになったのです。これが究極の流通なのです。

 

ではここで一度、一般的な流通とネットワークビジネスの流通をまとめた動画があるので視聴してみて下さい。

 

一般の流通については、大体の理解をして頂けたのかなと思うので、ネットワークビジネスに於いての流通について書きます。名付けて「ネットワークビジネスの流通システム」です。

 

ネットワークビジネスの流通システムとは・・・
【IT を駆使した流通システム】
ネットワークビジネスの場合、莫大な費用が掛かる広告宣伝費、無駄な製品や商品を在庫として持つ事がないようなシステム作りを取り入れています。ですが、どうしても在庫を抱えなければならないようなネットワークビジネス会社も存在しており、そのようなシステムを取り入れる事はまだまだ先のようです。
ネットワークビジネスと言うシステムそのものが、莫大な費用を掛ける行為自体が、無益な活動としてとらえているのも事実である。
【ネットワークビジネスに莫大な活動資金が必要ではない】
ネットワークビジネスにおける商品の流れ、流通は基本的に2つに分かれるとされています。
1つ目の流通として、会員になった人が製品や商品を購入する場合、紹介者やアップラインを仲介せず、直接ネットワークビジネスを主催している会社へ注文する方法。このシステムこそが、ネットワークビジネスを飛躍的に発展させる理由なのです。
2つめの流通として、ダウンラインからの注文に応じて製品や商品を発注したり、配達・集金・主催会社への入金など、面倒ではあるが、アナログでおこなわなければなりません。そのようなネットワークビジネス会社もあります。
如何でしたか。少しでも参考になって頂ければ幸いです。
IROAS のネットワークビジネスは、そのような製品や商品を一切抱える事がなく、在庫を取り置きする手間もありません。何故なら IROAS のネットワークビジネスは教育をテーマにし、ネット上にある情報が商品だからです。
この IROAS の教育ビジネスに興味ある方は ZOOM による無料説明会にご参加下さい。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-