ネットワークビジネスの基礎

ネットワークビジネスの基礎

大石 美光
これからネットワークビジネスを始められる人、もしくは権利収入欲しさにやってみたいと考えている人向けに投稿していきます。
ネットワークビジネスの基礎=MLM についての基礎を学んでいきましょう。基礎と言っても難しく考える必要などまったくないので心配しないで下さいね。
そもそもネットワークビジネスと言う言葉すら聞いた事がない人っていると思うのですが、ネットワークビジネスを別名で言うと MLM と言います。MLM と聞いた瞬間、あぁ~ねずみ講ねと先に思い浮かんだのではないでしょうか。
まずは基礎を学ぶ前に、下記の画像をご覧下さい。
上記の画像を見てもお分かりの通り、ネットワークビジネスは、他のねずみ講や悪徳マルチとは違い、合法であり、法律に従っています。勿論ですが、IROAS も法律に従って運営している企業です。

大石 美光
ではここから、ネットワークビジネスの基礎について話しをしていくね。

もう一度言いますが、ネットワークビジネスとは、通称、MLM とも呼ばれています。MLM を訳すと=マルチレベルマーケティング、又はネットワークマーケティングと言います。マルチレベルマーケティングとは、連鎖販売取引の意味で、特定商取引法第33条で定義される販売形態の事を指します。

 

ここから下の内容について、念の為、言っておくと、IROAS のやり方とは違います。IROAS は手から手へ販売するものはなく、全てに於いて、ネット上にある情報が商品となる為、下記の内容とは異なるのでお間違えのないようご注意下さい。下記の内容はあくまでも在庫がある商品を抱えている MLM=ネットワークビジネス企業に該当している内容です。

 

販売形態について
流通には、いろいろありますが、ネットワークビジネスに於いては、通常の一般流通が主流になっている事が多いです。分からない方の為に簡単に説明すると、製品の流れはメーカーから問屋、代理店などを通って、小売店へ回され、そこで販売され、最終的に消費者の手に渡ると言うのが一般流通と言う事になるのです。
この一般流通は今現在に於いても続いています。要は主流と言う意味です。これは時代の流れの中で出来たであろう一般的なものと言えます。大量の製品を扱っている多数の小売店に送り届ける為に生まれたものでもある訳です。
消費者はいつの時代でも、テレビコマーシャルや雑誌の広告、新聞などの折り込みチラシなどを見て、その製品の存在を知ります。そして小売店に出掛け、買い物をする時に、テレビコマーシャルで見た製品を買う訳です。ところがこの一般流通には、長所と短所があるのです。
  • 【長所】広範囲に渡って、多数の店舗=小売店に対し、安定的に製品を大量に流通させる事が出来る
  • 【短所】宣伝する為の広告費と、その流通コスト費用が莫大にかかる

 

ネットワークビジネスは、高額のコストがかかる広告と流通マージンを省き、その分を製品の原材料費に充てるのが普通だと考えられています。ネットワークビジネスで流通している製品はどれも高品質であり、個々でこだわりのある製品ばかりがあるのがお分かりだと思います。

 

テレビコマーシャルなどの広告を使わない (勿論、テレビコマーシャルなどを使っている企業もいます) としたら、一体どうやって宣伝し、販売しているのでしょうか。これはもう簡単ですね。そうです、ネットワークビジネスの特徴の一つである宣伝方法は口コミです。あなたの友人や知り合いなどに口コミで伝えていくのです。

 

あなたが友人や知り合いに口コミで伝えていき、自分から始まった流通の量に対し、報酬が増えていく仕組みになっているのです。報酬は頑張れば頑張った分だけ沢山貰える訳です。これには上限などと言ったものはなく、無限なのです。そう無限。

 

しかも、メディアでの広告宣伝の場合、殆どが禁止されているようです。

 

では最後に、世界の億万長者達が絶賛するネットワークビジネスについての動画をご視聴下さい。この中で、多様な言葉を述べられているので参考にして見て下さいね。

 

世界の億万長者も言っているネットワークビジネスに於いて、最短最速で権利収入を掴みたい方コチラ より IROAS の無料説明会にご参加下さい。

 

 

ブログトップページへ戻る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-