ネットワークビジネスが急成長した経緯

ネットワークビジネスが急成長した経緯

今回は、ネットワークビジネスが急成長した経緯について、投稿していきたいと思います。とは言え、難しい話しをするつもりはないのでご安心を。

 

ネットワークビジネス業界が成長する市場の中に於いて、悪質な企業も増え、社会問題になった事は言うまでもありません。そこで、連邦取引委員会事務局は、1973年以降、悪質な商法を展開している企業の摘発に乗り出しました。実際にはどうなのかと言うと、ホリディマジック社については業務停止命令が下されました。

 

大石 美光
ホリディマジック社について、何か教えて。
ホリディマジック社について・・・
ホリディマジック社は、1964年~1970年代にかけて、化粧品などを扱っていた。これはアメリカの連鎖販売取引企業であり、即ち、ネットワークビジネス=MLM なのです。
比較的、最近の話しでは、インドのネットワークビジネス市場に於いて、2025年までに、およそ100億ドル規模に成長すると言われています。
100億ドルを日本円に換算した場合、概略で約1兆円と言われています。1兆円と聞くと、世界の億万長者であるビル・ゲイツの総資産が約10兆円弱あると言われてますから、それから比べたら少ないと感じるかも知れませんね。
インド商工会議所が主催するリテールインドサミットに於いて、インド DSA 会長は、この業界の発展と成長の為には、法律の枠組みを区別する必要性を訴えており、現在ネットワークビジネス向けに法規がある中国、日本、韓国、タイなどを挙げて説明したとの事です。
現在のインド市場は、約11億ドルの価値があると言われ、ローカル及び海外からのホットスポットとなっていると言います。インドからして、ネットワークビジネスは、まだまだ新しい産業分野であり、過去20年を振り返ると500万人以上の雇用機会を創出しており、そのうち60%が女性なのです。
インドとネットワークビジネス
ネットワークビジネスが誕生して約半世紀。世界的に見てもまだまだ認知されていない国もあるようですが、そう言った部分が多いのは事実であり、新しい産業分野として取り入れる国や地域は非常に前向きな姿勢で経済市場を豊かにしていくと思われます。
日本でも例外ではなく、過去にネットワークビジネスに似せた犯罪などが数多くありました。この事については、今後の投稿内で載せていきます。取りあえず、この事実は消せないと言う事だけは言っておきます。
しかしながら現在は、過去に起こった事例を踏まえて、現在の法律やコンプライアンスなどが作り上げられたのも事実であると言えます。これから市場が成長していくインドに取って、日本を含む諸外国の事例を参考に、法律やコンプライアンスを作り上げ、明るい市場にするべきと考えます。
本来のネットワークビジネスの姿とは・・・
まだまだ日本に於いて、ネットワークビジネスそのものの認知度は低いのが現状であり、悲しい事に「犯罪」だの「詐欺」だのと信じている人が多いのも事実である。
これから日本におけるネットワークビジネスの認知度を高くし、理解を深めていく為には、会員1人1人が法律やコンプライアンスを遵守し、沢山の人に広めていく事がこれからのネットワークビジネスの姿なのではないかと思っています。
いずれにせよ、目先の利益に囚われる事なく、製品の流通と言う根本的な目的を果たしていく事が大事と考えます。少し間違ったやり方をしている人もいる事と思います。そんな時は軌道修正をしていけば問題ありません。そして、何よりも大事なのが、心身共に豊かな生活を送る事なのです。
今回の記事については、この辺で筆を止めたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-