ネットワークビジネスにおけるレバレッジとは

ネットワークビジネスにおけるレバレッジとは

レバレッジは、ネットワークビジネスに限ってあるものではありませんが、その中でも特に、ネットワークビジネスについてのレバレッジがどのようなものかを書いていこうかと思います。レバレッジと聞いて、何それ?って思ったかも知れませんね。

 

レバレッジとは、ネットワークビジネスをされている方であれば、知らない人はいないと思いますが「テコの原理」と言う意味になります。例えばですが、大きくて重たいものを、ほんの少ない力でいとも簡単に動かす事が出来る意味を指します。小さな運動を大きな運動に変える事が出来るものの意味にもなります。

 

つまり、小さな資金、少ない資金で大きな資金を得る事、少ない仕事量で大きな仕事が出来る事などを意味しています。例えば、あなたが300万円の貯金があるとしましょう。この300万円に対し、年3%の利子がついたとしたら、多少なりとも預金額が膨れ上がり、嬉しくなりますよね。

 

要するにこれと一緒で、あなたが働かなくても受け取れる収入が毎月のように、銀行口座へ振り込まれ続けるのです。これが「権利収入」即ち「不労所得」と言うものなのです。「権利収入」と言うと「印税」のある作家や作曲家、又は歌手などが思いつくでしょう。

 

今、この投稿を読んでいる方で、権利収入を得て見たいと思った方は、まずは行動を起こしてみましょう。権利収入を得る為の無料説明会に参加する。

 

レバレッジ=テコの原理
例えば、中流以下の人は、ワークと言ったものを探すけど、お金持ちは、ネットワークと言ったものを探すか作り出すでしょう。
これは、どうしてだと思いますか。それは、レバレッジ、つまり、テコの力を活用した方が、より早く確実にお金持ちに成り得る近道がそこにはあるから他なりません。今までの歴史の中では、ネットワークのテコの力を使えたのは、他でもないお金持ちだけでした。
ですが現在では、ネットワークビジネスによって、中流以下であろうが、それ以下であろうが、簡単にレバレッジを活用出来るようになった訳です。
当たり前の話しなのですが、一人でやる仕事量に対しては、限界と言うものがあります。それを大勢の人達でやれば沢山の仕事量をこなせる訳です。これを報酬システムに組み込んだのが、言わずと知れた「ネットワークビジネス」なのです。
1人だったのが、2人~4人になり、たった2人増やしただけなのに4段目の全体では、310人も増える事が分かります。これが先程からも言ってるようにレバレッジにおける効果なのです。
上記の場合、ネットワークビジネスにおけるレバレッジを例にしてみましたが、他にも、不動産や株、特許のようなものから得る収入の事を「テコの原理」や「レバレッジ」などと呼びます。これらの「テコの原理を働かせる為には、ある程度の資金や才能がないと無理の場合もあったりします。
ではここで、普通の人にも出来る「テコの原理」について、もっと深堀して考えてみましょう。まったく資金がない人の場合、お金ではなく、人を働かせる方法があります。例えば、人を働かせる為には、会社を立ち上げ、人を雇い、教育し、給料を払い、働かせる必要があります。この為には、膨大な時間と労力、そしてリスクが必要となるのです。
どうしてって聞かれそうなのでお答えしましょう。例えば、あなたが雇った人がいたとして、はてさて、あなたの思い通りに働いてくれると言った保証はどこにもなく、本当の意味での真面目で有能な人と言うのは、いずれ独立して自分で会社を持つようになるからなのです。
この事からもお分かりのように、自分の会社を持ち、既に成功している人は、才能も能力も他の人より優れていると言えるし、人一倍努力する人に限る訳です。普通の人では「テコの原理を手に入れる事はほぼ不可能だと思われているのです。

「テコの原理」を得る為に、全ての人が公平になるよう、同様の利益を得る事が出来るシステムがあれば可能なのです。例えば、会社経営者の A さんが B さんと言う方を社員として受け入れた場合、B さんが C さんを独立する為のサポートをしてあげるのです。

 

その後、B さんは、独立し、自分の社員 C さんを雇って自分の会社の売り上げを伸ばします。A さんと B さんは、その C さんの売り上げから利益を折半したら A さんと B さんは、公平に利益を得る事になります。

 

そして、C さんも同様に自分の会社を作り、社員 D さんを雇います。するとその組織が上下に広がっていき、皆の利益を皆で公平に分かち合います。この事からもお分かりのように、ネットワークビジネスにおける組織と言うのは、一見、ピラミッド型に見える反面、マルチ商法やネズミ講と同じとされてしまいます。とても残念な話しですが。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク



日本初訴求

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-