ネットワークビジネスでの製品の選び方

ネットワークビジネスでの製品の選び方

日本には、数千社にも及ぶネットワークビジネス会社が存在していると言われています。その数千社あるネットワークビジネス会社で取り扱っている製品の殆どが、健康食品だったり、サプリメントだったり、何らかの機材などです。その中で、IROAS は他のネットワークビジネス会社とは、180度違う製品を取り扱っています。それは教育です。

 

その中から、今日は、ネットワークビジネスでの製品の選び方について、投稿していきたいと思います。思いますが、商品は、商品力、集客力、売上高の因果関係と、単一商品、複合商品の比較として見ていきたいと思います。

 

商品力、集客力、売上高の因果関係とは・・・

【その人の感で商品力を考えても良い】

 

 

まずは商品力から書いていきます。現代に於いて、モノがこれでもかと余っている時代であって、いろいろな種類の商品が氾濫しています。また、高齢化や環境汚染の問題から、健康と美に関するニーズが急速に高まっている事を受け、市場には、正に、健康関連商品が出回っています。

 

つまりどう言う事かと言うと、時代のニーズに合った商品戦略は、既に常識だと言う事です。類似商品が溢れた市場でどう言った差別化戦略を用いて、競争優位を確立しようとしているのか、主宰会社の経営努力が最も大事な判断材料となるのではないでしょうか。

 

この視点でのチェックポイントは、他社の追随を許さない製造技術と特許、最新鋭の製造技術の継続的開発、世界的権威や専門家の研究開発・製造への関与、ユーザー本位の研究開発が企業理念などの有無に当たります。

 

特にデータや分かりやすい資料などで、自分が良さを納得出来る商品であれば、他の人にも説明しやすいと言えます。一番手っ取り早いのは、自分で試して良いと思える商品ではないでしょうか。感動体験を自分の言葉で伝えられるような商品であれば、他の人にも勧めやすいと思います。

 

【一番何が大事かと言えば、それは集客力】

 

 

提供されている商品が、今の時代のニーズを先取りし、それが広く受け入れられ、どこまで売上が伸びているのかを確認した方が良い。何故なら、この時、安心、安全、機能などの商品特性だけに偏る事なく、ライフサイクルのタイミングが成長期に入ろうとしているからです。

 

それか、商品価格が登録料を含め、リーズナブルな設定になっているかなどを総合的に判断します。立派な能書きがあったとしても、その商品に対し、集客力がなければ、組織も作れませんし、ビジネスとして成立しない事になってしまう訳です。

 

【最終的な売上高を示さなければならない】

 

 

単価が非常に高い耐久品か、又は、比較的、安い消耗品かの選択と言う事になってしまいますが、一回の取り引きだった場合、単価が非常に高い耐久品の方が、ややもすると、その分の売上も高くなり、マージンが増える為、有利になると考えられます。

 

但し、良いですか、但しですよ、たった一度だけ、購入してしまった場合でも、何年かは不要になる為、次から次へと、新規に購入してくれる人を探さなければならない訳です。こうなると大変だし、面倒です。

 

その一方、消耗品の場合、繰り返し購入して貰える可能性があって、且つ、商品そのものの単価的にも、他の人に勧めやすく、商品が良ければ、その商品を切っ掛けに他の商品に拡充していく可能性がある為、長い目で見たら売上に繋がると言えるのではないでしょうか。

 

では続いて、単一商品、複合商品の比較についても書いていきましょう。

 

単一商品、複合商品の比較について

【単一商品】とは何か。

単一商品とは、ただ一つである事。又は、単独である事を意味します。また、そのモノだけで、他に交じりモノのない事や複雑でない事を指します。

 

商品戦略には、一つの商品に特化した会社と、いくつかの商品を組み合わせて扱っている会社の2つがあります。単一商品は、商品特性が覚えやすいと言うメリットがある訳です。使われている原材料やその安全性、有効成分の機能特性や含有量など、その品質などを覚えると良いかも知れませんね。

 

商品を伝えるディストリビューターからしてみれば、当然の義務と言えるのではないでしょうか。商品が一つしかないワンアイテムに絞られていれば別ですが、その特徴は、誰にでも比較的簡単に説明する事が出来ます。これが結果的には、集客力に繋がる訳です。

 

反面、セールトークが単調になりがちでもあり、これを回避する為には、商品が求められる社会的背景、実際に話しの中で出ている体験談や感動などを知識として身につけながら、新たな切り口を模索していく必要があります。

 

【複合商品】とは何か。

複合商品の場合、様々な人達による、多数の商品で、多様なニーズに対応出来ると言うメリットがあります。商品のアイテム数は多く、ヘルスケア、パーソナルケア、ホームケアなどのいくつかのカテゴリーに分類されているのが殆どだと言えます。

 

しかもそれは、日常生活に於いて、毎日使う消耗品の場合が多いので、特にターゲットを絞り込む必要もない訳です。今使っているモノを、より安全で安心な商品へのブランドチェンジを勧める事で、愛用者を募っています。

 

消耗品と言えば、シャンプーや歯磨き、化粧品など、毎日使う日用品を集客商品として纏める事が出来ます。また、その人が必要として使い続ける高額なサプリメントなどは、売上を伸ばせる収益商品として、位置づける事が可能なのです。これもどちらかと言えばメリットと言えるでしょう。

 

但しですよ、様々な商品に関する勉強をしなければならないとか、何をメイン商品として勧めれば良いのかと言う複雑さを克服しなければならない事がデメリットになってしまいます。商品説明する為には、全ての商品を使いこなす必要があります。

 

これは誰にでも出来る事ではありません。戦略を立て、少しずつ体感していったり、グループで勉強会を開いたりして攻略していく必要があるのです。自分がビジネスをおこないやすいと思える商品かどうか良く考え、総合的に判断してみて下さい。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-