ネットワークビジネス会社の実態を知りましょう

ネットワークビジネス会社の実態を知りましょう

あなたがこれからネットワークビジネスを初めていく過程に於いて、まず大事な事は、そのネットワークビジネス会社の実態を知る事が大事だと言えます。日本におけるネットワークビジネス会社は数千社ありますから。良い会社もあれば、悪い会社もあります。

 

それでは、今日の投稿として、ネットワークビジネス会社の実態を知りましょうと題し、書いていきます。

 

ネットワークビジネスを検討する為には、どう言ったものが必要か分かりますか?

 

例えば、会社案内だったり、商品カタログだったり、小冊子だったり、概要書面だったり、PR 用のビデオだったり、いろいろある訳ですが、今紹介した全ての情報が必要不可欠になります。出来る限り、全ての情報を入手して頂いて、その上で客観的に評価や分析などを繰り返して欲しいのです。

 

そして、あなた自身でネットワークビジネス会社を訪問してみるようにして下さい。訪問すると言うのは、そのセミナーに参加すると言った意味になります。そうする事で、自ずとその実体験としての調査が出来るのです。そんな難しくないですよね。ただセミナーに参加するだけですから。会社案内では、意外や意外、読み取れなかった事実が判明するかも知れませんよ。

 

 

上記の画像は、ネットワークビジネスにおける勧誘の流れについてです。ではこれらを一つ一つ見ていきましょう。

 

ネットワークビジネスにおける勧誘の流れ・・・
  • 【勧誘出来そうな人を優先して見つける事が重要】

勧誘と聞くと、響きはあまり良くない聞こえになってしまいますが、そうも言ってられません。まずは、あなたの話しを聞いてくれる人を探す必要が出て来ます。これは至って簡単な事のように聞こえますが、意外と大変だったりします。

 

あなたが相手の連絡先を知っている人に対し、手当たり次第、連絡を入れていく他、合コンや社会人サークル、又は何らかのイベントに参加したり、婚活サイトや SNS を使ったりして、勧誘ターゲットを探すケースも一般的に広がりつつあるようです。

 

インターネットを使っては、相手を探す場合、例えば、ターゲットと成り得るのは「一人暮らしを始めたばかりの学生や社会人」「今の生活に不安や不満を抱いている人」「人間関係が上手くいっていないような人で、尚且つ、孤立しているような人」などがベターだと言えます。

 

その他、趣味であるコミュニティーなどを通じて、奨学金を返済出来るのだろうか、仕事が辛くて辞めたい、貯金もなくて将来が不安と言った悩みを投稿している人に近づいていき、共感したり、励ましたりするコメントを何度も送ってあげ、距離を縮めていくのです。

 

  • 【まず何よりも大事なのが、会う約束を取り次ぐと言う事】

あなたの友人や知人、又は、知り合ったばかりの人とある程度仲良くなってくると、お茶でもどう?と気兼ねなく、会う約束を取り付ける事が出来るはずです。これは、あなたのやり方では、いくらでも出来、そう難しくはないと思います。

 

この時点では、ネットワークビジネスに関する言葉を出す事はなく、例えば、LINE などを通じて、皆でイベントやるんだけどあなたも行かない?と誘ってみるのです。その際、他の人達も来るからおいでよと、興味を引かせるのです。

 

相手が興味を持ったら、その人と、待ち合わせの場所と日時を決め、万が一の為に、ドタキャンされないよう、前日に再度、日程の念押しをするのです。ここで注意してほしいのが、あまりしつこくしない事です。

 

  • 【待ち合わせ場所には必ず行くように】

例えば、ファミレスやカフェなどで待ち合わせをし、話しをします。勧誘はあなた一人でおこなう事もあれば、あなたよりも上の人を呼んで話しする事もあります。要するに上位会員の事を指します。

 

ここで言う上位会員とは「親」に当たる会員の事で、経験の浅い会員に変わって、長けた上位会員が、その応援を得る事で、より確実な勧誘をおこなう狙いです。

 

また、上位会員からしてみても、下位会員が新規会員を獲得する事により、キャッシュバックを受け取れると言ったメリットがある訳です。その為、下位会員を熱心にフォローし、勧誘の成功率を上げようとするのです。

 

ではここで一度、動画を視聴してみて下さい。こちらの動画は、ネットワークビジネスに於ける枕営業の実態の内容を博した動画となります。

 

  • 【雑談しながら希望と不安を同時に煽るようにする】

食事していても、仮に遊びに行っていても、行き着く先は勧誘です。そう勧誘なのです。ですが、パーティーや食事会の場合、いきなりネットワークビジネスを紹介するのではなく、まずは雑談しながら、そのベースで、少しずつ興味を引いていく事が重要です。

 

その時に使われるキーワードとしては、夢、不安など。要するに、ターゲットの夢や理想を聞き、不安を煽るのです。

 

例えば、子供の将来の為に、お金が必要じゃないとか、あなたの夢を叶える為には、お金を稼がなきゃいけないんじゃないのとか、働き方そのものを変えて、自由な時間を手に入れたくないなどです。

 

一応、参考までに良く使われるキーワードを書いておきます。「権利収入」「副業」「不労所得」「感謝」「夢」「成功」「ご縁」などです。是非、参考にしながら、勧誘ライフをお送り下さい。

 

  • 【ネットワークビジネスの紹介とその勧誘方法】

誘った相手が上手い具合に話しにのってきたら、ネットワークビジネスへの勧誘に入っていきます。前の項目で紹介した「権利収入」や「不労所得」と言った言葉をちりばめながら、楽して稼げると言うイメージを持ちつつ、入会へと誘導していくのです。

 

この時に重要な事は、新規会員を獲得する為の苦労話しや初期投資に係る費用、在庫があるのであれば、在庫を抱えるリスクなどのマイナスな情報は伝えず、夢の為の初期投資と言うような説明をします。

 

  • 【クロージング】

クロージングとは、何なのかについて説明すると「終わり」とか「締めくくり」なのですが、営業活動に於いては「顧客と契約を締結する事」を意味します。

 

❝契約が成立した場合の措置❞

相手が入会する意思を見せた場合、ネットワークビジネスの概要書面を渡し、その後、より詳しい内容が書かれた契約書面を渡し、相手の方にサインを促します。万が一、漏れや抜けがないよう、クーリング・オフがある事もしっかり伝えるようにしてあげて下さい。

 

❝万が一、断られた場合の措置❞

中には断る人もいます。いますが落ち込まないようにしましょう。まずは断る理由として「そんなお金はないから無理」「怪しそうだから止めておくよ」などが大半の理由です。

 

一方で、入る意思はないとハッキリ断られた場合、時間の無駄となるので、それ以上の勧誘を止め、次のターゲット探しを始める事が重要と言えます。寧ろ、そうする人の方が多いです。

 

ではここで、もう一本の動画を視聴してみて下さい。勧誘しない方法です。

 

今日の内容は如何でしたでしょうか。少しは参考になって頂けましたか?

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク



日本初訴求

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-