ネットワークビジネスはクチコミが広告塔

ネットワークビジネスはクチコミが広告塔

ネットワークビジネスに於いて、どうしてこれ程までに「クチコミ」と言うものが、広告にとって代わる伝達方法になっているのかお分かりでしょうか。そう聞かれると中々、答えられませんよね。あなたが何らかの商品や何らかのサービスを手に入れた場合など、あなたの友人もしくは知人の評判などを参考にする人もいるのではないでしょうか。

 

大々的な広告と言ったものがなくても「クチコミ」から、ヒット商品が生まれる例も数多くあります。あなたはこの事をご存知でしたか?恐らく知らなかったでしょう。実際には、消費者が「クチコミ」を情報源として信頼している事を示す社会調査と言ったものも数多くあります。

 

「クチコミ」で何が流行っているかを探るテレビ番組まであった程ですからね。それでは、ネットワークビジネスはクチコミが広告塔と題し、その5つの理由を挙げていきましょう。

 

クチコミが大きな影響力を持っていると考えられる5つの理由
  • 【情報過多】=情報オーバーロード

近年、マスコミやインターネットの普及により、世の中には、多種多様な情報が氾濫していると言えるのではないでしょうか。この事を「情報オーバーロード」と言い、その意味は、情報過多によって、必要な情報が埋もれてしまい、課題を理解したり、意思決定したりする事が困難になる状態の事を言います。

 

今の時代、インターネットを使い、誰でも情報が発信出来る割に、情報の信憑性については特に問われる事はありません。ましてやその中から、自分にとって有益な情報であるのか、信頼しても大丈夫なのかどうかを取捨選択するのは難しいところでもある訳です。

 

また、個人の情報処理能力には、限界があるにも関わらず、情報量だけが飛躍的に多くあり、選定しきれない現実がそこにはあるのです。

 

  • 【相手についての情報】

あなたはテレビや新聞などを見たり、読んだりすると思いますが、ここでは、テレビや新聞・雑誌などのマスメディアに於いては、ある程度、誰にでも受けそうな情報を流す為、必ずしも受け手にとって有意義なものと限らない場合もあります。

 

しかしながら、クチコミなら、相手の事を知っている為、相手に適した情報を選んで伝える事が出来ますよね。また、その逆として考えた場合、聞き手にとっても、予め適切な情報を知っていそうな人を選ぶ事が出来る上、効率的に情報探索をする事が可能なのです。

 

  • 【価値判断を有する】

入手可能な情報は、肯定的な評価のものばかりでなく、否定的な評価のものもあったりします。例えば、望ましくないものを購入してしまう事は損失なので、その損失を回避させてくれるような情報も消費者にとって重要となり得るのです。

 

  • 【社会的効用】

あなた自身が薦めた商品やサービスを相手が購入し、購入してくれた相手が、満足してくれた場合に限り、あなた自身も満足感を得る事が出来ると思います。他にも、相手から信頼されていると言う喜びと、より一層、関係が深まったと言う喜びも得る事が出来る訳です。

 

逆に、クチコミで与えた情報によっては、あなたと相手の関係が悪化する可能性も否定出来ず、話し手は関係が壊れないように、より慎重に情報を提供するようになると考えられます。

 

  • 【フェイス to フェイス】

言葉だけではなく、相手の表情や声の調子までもが分かる為、より豊かなコミュニケーションが取りやすくなります。また、近年のデジタル化の反動として、人々は人肌のぬくもりを感じる生身の触れ合いを求めるようにもなりました。

 

つまりどう言う事かと言うと、例えば、感動・出会い・触れ合いなどが人間関係に於いてのキーワードになってきた感があるのです。そして、面白さや楽しさを瞬時に伝染させるおしゃべりは、男女問わず、起きる現象なのです。

 

これらの事から、ネットワークビジネスは、まさにクチコミが広告塔としての時代の寵児と言えるのではないでしょうか。

 

今回は、ネットワークビジネスでの集客方法として、クチコミでおこなうと言う事がお分かり頂けたかと思います。が、100%そうでない事も言っておきます。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク



日本初訴求

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-