ネットワークビジネスで成功の鍵を掴み取ろう

ネットワークビジネスで成功の鍵を掴み取ろう

まずはコチラの動画から視聴してみて下さい。題して【オンラインだけ ネットワークビジネスを成功させるたった一つのコツ】です。

 

もしかしたら、あなたは既に、ネットワークビジネスを始められている方かも知れません。もしくは、これからどこかのネットワークビジネス会社に入ろうとしているのかも知れませんね。いずれにせよ、ネットワークビジネスで成功を掴みたいはずです。

 

今日の投稿内容は、ネットワークビジネスで成功の鍵を掴み取ろうです。

 

 

今は昔と違い、ネットワークビジネス活動が非常にやりにくくなってきていると言う事をご存じだろうか。私は前々からそう感じていました。その理由は、特商法にあるようです。これはネットワークビジネスに限らず、この特商法に関係するビジネスや業種は全て、やりにくくなってきています。

 

どうしてなのか。それは特商法が以前よりもまして厳しくなってきているからなのです。例えばですが、オプトイン規制の問題があります。相手から許可を貰えなければ、ネットワークビジネスへのお誘い、それに関する情報を電子メールを使って、送信してはいけませんと言う事になったのです。

 

この規制に関しては、今に始まった事ではないのですが、昔もあったようです。同じような事が。しかしながら、今回また、同じような事が起こったのです。これには本当にビックリしました。一体、どうやって伝えようとしている人を誘ったら良いのか。

 

このまま進むと、ネットワークビジネス自体が禁止されるような事が起こる可能性だってあるかも知れません。それだけ法律がどんどん厳しくなってきているのです。とは言え、これはあくまでも憶測でしかない訳ですが。

 

ではどうして、これ程までに法律が厳しくなってきているのでしょうか。その理由はいくつかあるようです。まず、過度な消費者保護です。これを分かりやすく簡単に言うと、消費者に対して過保護だと言う事です。

 

 

ネットワークビジネスの場合、お伝えする相手と言うのは、20歳を過ぎている大人達なのです。しかも全員が社会人な訳ですから、自分のやりたい事、興味ある物、買いたい物は、自分で判断出来るはずだと思うのです。それが自由であって、あなた自身の責任でもある訳です。どう考えたって当たり前ですよね。

 

それにも関わらず、消費者を守り過ぎているのです。消費が伸びないでいるのは、不景気である事を知っていながら、その状態が続く一つの原因のような気がしてならないのです。勿論、不景気の理由はそれだけではないと思っていますが。

 

最初から、消費者を騙そうとしているのかも知れません。そんないい加減なネットワークビジネス会社が存在している事実もあって、横行しているのだとしたら。昨年も数億円を騙し取り、摘発されたネットワークビジネス会社がありましたよね。

 

 

こんな状況では、健全な活動をおこなっているネットワークビジネス会社はたまったものではありません。そのような事が起こるから、特商法が厳しくなっても仕方ないのかも知れませんね。逆に言ってしまえば、そう言う悪徳な会社は、どんどん消えて無くなってしまった方がありがたいのですが。

 

キチンと法に従って、真面目なネットワークビジネス会社で活動されている人達にとっては、ありがたい話しではあります。私が所属している IROAS もそんな真面目なネットワークビジネス会社であって、キチンと法に従って、活動しております。

 

ネットワークビジネスそのものの性質上、紹介者の影響を強く受けます。ネットワークビジネス初心者が、右も左も分からず、いきなりビジネスを始めていく為には、ある程度の進め方や知識などが必要となって来ます。その進め方や知識を教えてくれるのが紹介した人、又はアップラインなのです。

 

紹介者やアップラインに教わったやり方が正しいと思って、そのやり方を真似してビジネス活動をおこなうのです。その紹介者が、正しいやり方をしていれば問題はないのですが、もし、いい加減なやり方をしていたらこれは問題ありと言う事になるのです。

 

ネットワークビジネス初心者は、いい加減なやり方を、正しいと思い込んでビジネスを続けてしまう訳です。だとしたら、紹介者が問題なのではないでしょうか。実はそうではないのです。実はその紹介者も、紹介された人から、いい加減なやり方を教わってきたのです。

 

それ以前、それ以前と言う感じで、連鎖が続いてきたのではないかと思う訳です。又は、分かっていても、思うように成果が出ない、直ぐに断られてしまうと言った理由で、敢えて間違ったやり方をしてしまう、この繰り返しなのです。

 

これでは、ネットワークビジネス業界が良くなる訳がありません。そう感じている人も中には、いるのではありませんか。このままでは、今よりも更に特商法が厳しくなって、ネットワークビジネスの活動が間違いなく、やりにくくなっていくと思います。

 

 

そうなれば、ネットワークビジネスを辞める人達もどんどん増え、企業も減っていくでしょう。こうなったら権利収入どころではありません。他のビジネスを探し、やっていくしかないと思います。それか思い切って、自分でネットワークビジネス会社を立ち上げるか。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク



日本初訴求

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-