お金持ち=超富裕層や富裕層は増えているのか

お金持ち=超富裕層や富裕層は増えているのか

お金持ち、超富裕層、富裕層などと言った言葉を耳にタコが出来るくらい聞いた事がある方は多いと思います。

 

しかしながら、現実問題として、どの程度の収入があって、資産がどのくらい持っている人を超富裕層、又は富裕層と呼ぶのかご存じでしょうか。と聞かれたら大体の人が答えられないと思います。ここでは、日本の超富裕層、富裕層、そして、世界の超富裕層、富裕層について紹介していきます。

 

まずはこちらの動画を視聴してみて下さい。

 

まず、富裕層と言うのは、いくつかの複数によって、分けられているのです。それを見ていきましょう。

 

日本の富裕層は複数に分類されています
  • 【超富裕層】に関して、5億円以上の金融資産を保有している
  • 【富裕層】に関して、1億円以上あって、5億円未満の金融資産を保有している
  • 【準富裕層】に関して、5,000万円以上あって、1億円未満の金融資産を保有している
  • 【アッパーマス層】に関して、3,000万円以上あって、5,000万円未満の金融資産を保有している
  • 【マス層】に関して、金融資産の額は3,000万円未満とされています

 

上記の内容から見ても、一般的に富裕層は、1億円以上の金融資産を持っている人が対象のようですね。

 

富裕層の定義については、厳密な決まりなどはないようですが、一般的には、1億円以上の金融資産を持っている人を富裕層もしくは超富裕層と呼んでいます。1億円以上の金融資産を持っている場合、年収にして1,000万円クラスの仕事に就いている人なのか、はたまた会社経営者や投資家なのか。ややもすると、資産家の家系などが考えられますが、比較的、限定的ではありますね。

 

あなたがこれから富裕層になりたいとお考えならば、ハイキャリアの職業へ就く為に、スキルを磨いて転職するか、資産運用を始めるのが一般的な選択肢と言えます。仮に起業家を視野に入れている方は、経営に関する勉強や準備を進めるのも1つの方法です。

 

 

これから見ても、日本の富裕層の割合は、約2%弱と低いのが分かります。つまりどう言う事かと言うと、100人に2人は、1億円以上の金融資産を保有している事が分かりますね。その中で、超富裕層に該当するのは、全人口の約0.15%と僅かな数でしかないのです。

 

それでは、日本における経済の富裕層への影響はどうなのでしょうか。

 

日本の富裕層はと言うと、2020年の今年も、年々増加傾向であり、資産も増えているとの事です。ただそう言う噂が流れていると言う事ですね。特に2013年頃から、株価が上昇している為、金融資産は自然に増えていく状況だと言う事が言えます。

 

一方、富裕層以外では、賃金の下落・消費税増税・社会保障費増加などにより、厳しい状況下に置かれています。これは皆様もお分かりの事だと思います。

 

一つの理由として、預金金利が低い為、給与所得を預金しておくだけでは、資産を増やす事も出来ず、このような環境でありながら、今後の日本経済は、さらに格差が広がり、中間層が減少していく可能性があるのです。

 

非富裕層の個人が出来る事は、何かを考えた時、最初から富裕層を目指すのではなく、例えば、何かしらを節約したり、貯金出来る人はなるべく預金をし、ポイントを貯めたりする事です。

 

私はポイントと言うものを貯めたりしないので良く分かりませんが、いろいろサイトなどもあるようなので、興味ある方は検索などしてみてみるのも面白いかも知れません。それはあなたにお任せいたします。

 

では、世界の超富裕層や富裕層はと言うと。

 

世界の超富裕層や富裕層は・・・

【世界の富裕層の基準も1億円以上の金融資産が限定的】

 

アメリカでは、富裕層の基準を資産100万ドルにする事があるようです。100万ドルを日本円にすると約1億円と言う計算になります。

 

2019年、世界の資産保有上位10%に入っている人数を比較した場合、中国人が1億人で最も多く、約9,900万人のアメリカを抜いたのです。その一方で、1億円以上の資産を持つ富裕層の数は、中国が440万人であるのに対し、アメリカは1,860万人。アメリカには、世界の富裕層の約40%がいる事になります。

 

あなたもお分かりのように、アメリカには、世界の大富豪と言われている方達がいます。下記の画像を参考にしてみて下さいね。中にはアメリカ人でない人もいますが。

 

 

では最後にもう一本動画を視聴して頂いて終わりにしましょう。こちらの動画は「とんでもない超富裕層向けクレジットカード」に関する動画です。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-