権利収入を得る際のメリット&デメリットとは

権利収入を得る際のメリット&デメリットとは

あなたもご存知かと思いますが、最近では、テレビや雑誌などで、取り上げられている副業解禁について、度々、目にする事がありますが、この事にあなたはどう思っているのでしょうか。副業なんて自分には関係ないと思っているのかも知れませんね。

 

世の中は、コロナの影響もあって、副業をされる人が増えているのも事実であり、まさに加速化し、大手企業でも、例外ではなく、副業を推奨するようなところが出てきているそうです。会社員として働きながら、副業として副収入を得る事が出来れば、嬉しいと思いませんか?

 

しかしながら、その分、自由な時間がなくなります。収入が増えると言う事はそう言う事です。それが嫌なら、より安定した生活を手に入れるしかないと思います。権利収入は非常に良い価値を生み、あなたの家族までも楽にさせてくれるはずです。

 

今日は、権利収入を得る際のメリット&デメリットとはについて、書いていきます。また当ブログでは、何度か権利収入 = 不労所得について、投稿しているので、権利収入とは何か、不労所得とは何かについては省略させて頂きます。

 

それでは初めに、コチラの動画を視聴してみて下さい。この動画は、知る人ぞ知る、労働収入と権利収入の違いが良く分かる動画です。題して【パブロとブルーノ物語】

 

権利収入を得る際のメリットについて・・・

今現在あなたは、労働者として働き、その対価として、会社から給料を貰っていると思います。つまり労働収入と言う訳です。権利収入は、労働収入にはない魅力的なメリットがいくつかあります。その権利収入ならではのメリットを4項目に分けて書いてみたいと思います。

 

 

  • 【権利収入は、毎月、多額のお金が銀行口座に振り込まれるようになります】

労働収入にはあり得ない、権利収入ならではのメリットとして、最も魅力的だと言えるのが、何と言っても毎月安定して稼げるお金ではないでしょうか。サラリーマンとして働き、給料を貰う労働収入では、あなたがどんなに頑張ったとしても、稼げる給料は決まっていると思います。

 

その一方で、権利収入の場合、労働収入では、絶対に稼ぐ事の出来ないような多額の収入を得る事が十分出来る可能性があるのです。恐らくですが、余裕でサラリーマンの年収分を1ヶ月程度で稼げてしまう事も珍しい事ではありません。私は現在、権利収入だけで毎月7桁が銀行口座へ振り込まれ続けています。

 

  • 【権利収入を得る為の仕組みが完成すれば、後はそれ程、手間が係りません】

権利収入と言うのは、一度、構築してしまえば、後は下からメンバーが増え、勝手に収入も増えていきます。たった一度、収入が得られる仕組みを作ってしまえば、その仕組を安定させる事に成功した場合、後はそれ程、手間が係らなくなるのです。

 

分かりやすく言えば、手間を掛けなくても、収入が発生するようになっていくと言う事です。これは労働者として働いている人達には理解出来ないと思いますが、権利収入を得ている人達の間では当たり前の事です。その為、権利収入を得たいが為に、取り組む人が非常に多くなっています。

 

  • 【労働収入とは違い、権利収入の場合、貰う額が毎月安定してきます】

何度も言いますが、権利収入は、一度、構築さえしてしまえば、収入を安定させる事が出来るようになります。労働収入の場合、病気やケガで長期間働く事が出来なくなってしまうと、給料を貰う事が出来なくなってしまいます。するとどうなるか。そこは考えなくてもお分かりですよね。

 

場合によっては、解雇されてしまう可能性だってあります。そうなってしまうと収入が完全になくなってしまうかも知れません。権利収入の場合、一度、収入が発生する仕組みを作り、土台を整えてあげる事が出来ればどうでしょう。

 

極端な話しですが、手を動かさなくても、パソコンやスマホを触らなくても、ある程度、安定した収入を得る事が出来るようになっていきます。これも権利収入を得る上で、魅力的な一つと言っても良いでしょう。

 

  • 【権利収入として貰っている収入を、そのまま積み重ねる事だって出来ます】

権利収入は、一度、構築さえしてしまえば、収入を安定させる事が出来るようになります。と何度も説明してきました。手を動かし続け、収入を得られる仕組みを何個も用意する事が出来れば、もっと収入が増え、積み重ねていく事が出来るようになるのです。

 

仮に、一つの権利で得られる収入は少なかったとしても、それを何個も用意する事によって、多額の収入を得られるようになると言うのも、労働収入にはない、大きなメリットの一つだと言っても良いでしょう。

 

では続いて、いってみましょう。

 

権利収入を得る際のデメリットについて・・・

労働収入では、考えられない程、様々な魅力のある権利収入ではありますが、メリットだけではなく、デメリットも勿論ある訳です。こちらの項目では、権利収入ならではのデメリットについて、3項目書いていきたいと思います。

 

 

  • 【権利収入が得られるようになるまで、困難の連続と言っても良いでしょう】

仕組みを作る事に成功し、権利収入が入るようになれば、その後は、毎月、安定的に入ってくる権利収入ではありますが、権利収入が得られるようになるまでの仕組み作りが、大変だと言う事です。それはどうしてなのか。まず土台となる人脈を入れなくてはなりません。

 

人脈と言うのは、即ち、集客です。仕組みが出来るようになるまで、寝ずに作業していたと言う人も少なくないと聞きます。私は違いますが。収入が得られるようになる仕組みを自分で作り上げる訳ですから、当然と言えば当然です。権利収入は決して楽して得られるようなものではないと言う事を覚えておいて下さい。

 

  • 【誰でも権利収入を得られるようになる訳ではありません】

権利収入が得られるようになるには、本当に大変で、ぶっちゃけそれが嫌で、途中で止めてしまう人もいるくらいです。どれだけ頑張ったとしても、全然稼げない可能性だってあります。その理由として、努力しない、自分本位で上の人の言う事を聞かない、などです。

 

これは権利収入ならではの大きなリスクと言えるのかも知れません。ただ、最初は本当に大変かも知れませんが、一度、構築さえしてしまえば、権利収入は得られ、悠々自適な生活が待っているのも事実なのです。権利収入で多額の報酬を手に入れている人達は、一生懸命努力しているのです。

 

  • 【ある程度の資金が必要】

権利収入を得る方法の一つに、活動資金と言うものがあります。その他、不動産投資や株への投資など、初めに大きな元手が必要となる方法も存在する事が分かっています。不動産投資をおこなう場合など、数百万円~数千万円規模の資金が必要になっていきますので、これも権利収入ならではのデメリットと言っても良いでしょう。

 

私が日々活動しているネットワークビジネス会社である IROAS では、ぶっちゃけそれ程、資金は必要ないかも知れません。とは言え、IROAS で活動する為の初期費用は必要になります。これはどこのネットワークビジネス会社も同じです。初期費用と言うのは、入会金みたいなものです。

 

ちなみにですが、権利収入的なビジネスとして、会員制ビジネスと言うものがあって、自分のスキルやキャリアを活かし、低コストでビジネスをスタート出来ると言ったものです。正直、これをやっている人って少ないのかなと思っています。少なくても私の周りにはいませんね。

 

では最後に、こちらの動画も視聴して貰えると幸いです。こちらの動画は、権利収入について、分かりやすく説明してくれています。

 

権利収入に興味持たれた方がいれば、無料で開催されている説明会に参加する事が、権利収入を得る為の近道です。ちなみにですが、説明会は ZOOM と言うツールを使っておこないます。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-