貯金出来る人と出来ない人の違い

貯金出来る人と出来ない人の違い

あなたは貯金出来てますか?もしかして貯金するのは、苦手な派ですか?世の中には、貯金を上手く出来ている人と、そうでない人とに分かれますが、その違いって何だと思いますか?それこそ昔の私は、貯金するのがとても苦手でした。

 

と言う事で、今日の投稿内容は、貯金出来る人と出来ない人の違いについて、書いていきます。ではここで、動画を先に視聴して頂けたらと思います。題して【お金が貯まる人と貯められない人の習慣の違いとは】です。

 

【内側から強力にスカルプケア!育毛剤メーカーと共同開発した本気で飲むスカルプケア!「スカルプ青汁

 

それでは、貯金が出来る人と出来ない人の違いについて書いていきましょう。あなたはどちらに該当するのでしょうか。ではいきましょう。レッツゴー。

 

上手く貯金が出来る人とは・・・
では、上手く貯金が出来る人の特徴を見ていきましょう。コチラは3つに分けて書いていきます。
  • 【給料を多く貰っている、貰っていないに関わらず、貰ったら直ぐに、貯金出来そうなお金を貯金箱に移す】

毎月、残ったお金を貯金すると言うやり方ではなく、給料を貰ったら直ぐ、貯金出来そうな金額を決めて貯金し、残ったお金で生活する人が貯金出来る人なのです。貯金専用の口座を持っておくと良いかも知れませんね。

 

  • 【貰った給料を、何に使っているのか、把握出来るようにしておく】

貯金が出来る人は、お金をいつ、どこで、幾ら使ったのかと言う事を覚えています。一番良い方法は、全てのお店でレシートを貰うのが良いです。それを見れば、どこで幾ら使ったかが分かりますから。すると必然的に無駄使いも減ってきます。

 

  • 【貰った給料 = 貯金 = 残りの予算が幾らあるのか、キチンと把握しておく事が大事】

給料が入ったらまず先に、貯金出来そうな分でも構わないので、貯金するクセをつけましょう。そこで残ったお金が、今月の生活費となります。この生活費が幾ら残っているのかをしっかり把握するようにしておきましょう。

 

今日、多く使ってしまったとしても、他の日で、帳尻を合わせる事が出来ますから、最終的に、予算内に収めると言う考えを持っている人が、貯金出来る人です。忙しくても、週に一度ぐらいは残りの予算を計算してみよう。

 

IZMO_O2ホエイプロテイン

上手く貯金が出来ない人とは・・・
コチラでは、上手く貯金が出来ない人の特徴を見ていきましょう。出来る人同様、3つに分けて書いていきます。
  • 【出来る人とは真逆で、残ったお金を貯金しようとする人】

毎月、残った給料を貯金する人が貯金出来ない人。決められたお金を貯金すると言う考えを持たない為、今月のマイナス分は、先月貯金した中から、捻出してしまいがちです。少額でも良いので、貯金する金額を決めた方が良いかも知れません。

 

  • 【頑張って貯金していたお金に手を付け、使ってしまう人は最悪】

先に、金額を決めて貯金し、残ったお金で生活しようとするのですが、足りなくなってくると、せっかく頑張って貯金してきたのに、その貯金に手を付けてしまう人は最悪です。このような事では、一生、貯金は出来ないでしょうね。

 

  • 【クレジットカードによる買い物は、なるべく避けるようにし、極力、現金で買い物などするようにしていきましょう】

お金がなければ、クレジットカードを使えば良いやと考える人は、貯金出来ない人。クレジットカードそのものは便利ではありますが、その分、支出を把握出来ない人は、クレジットカードを持つべきではないし、使ってもいけません。借金が膨らむばかりです。

 

【内側から強力にスカルプケア!育毛剤メーカーと共同開発した本気で飲むスカルプケア!「スカルプ青汁

 

上手く貯金が出来ない人の特徴15選・・・

 

コチラでは、上手く貯金が出来ない人の特徴15選として、書いていきます。

 

  • 【その日、一日に、一体幾らの支出があったのかを、上手く把握出来ていない人】

収入と同じくらい、支出していると思う、では、ざっくりとした感覚で捉えている人が多い訳ですが、それでは、支出を把握しているとは言えません。キチンと把握出来ていない事には、収入と支出の割合が分かる訳がありません。

 

  • 【取りあえず、この位かなとか、何となくこんなもんかな、と言ってるような人】

貯金が苦手な人は、特に意識もせず、何気なく使っているお金が多いのが特徴と言えます。暇つぶしにコンビニ行って、買い物したり、喫茶店行って、コーヒーを飲むなど、日々の生活に於いて、無駄な出費をしていませんか?

 

  • 【貯金がないくせに、無理してでも、高い買い物をしてしまうような人】

毎月、赤字が続いているのであれば、良いモノ志向の習慣を今すぐ見直しした方が良いでしょう。後はくだらない拘りを捨てる事も大事です。事実、お金がない訳ですから、くだらない物にお金を使うのは止めましょう。

 

  • 【月額サービスとは言え、使い過ぎるのも無駄なお金と気づかないような人】

月額サービスとは言え、使うのは月に数回なはずなのに、お得と思い込んで、月額サービスを契約していませんか?自動引き落としだと余計にお金を使ったと言う感覚が薄れてしまい、いつのまにか支出している状態に成り兼ねません。気を付けましょう。

 

  • 【何でも、どんな物でも、纏め買いをしてしまうような人】

纏め買いすれば、安くなるからと、箱のまま、買いだめしていませんか?個別で買うより、在庫がある為、消費する量が自然と増えてしまい、それをトータルで見ると、無駄遣いになっている事が多々あるようです。

 

IZMO_O2ホエイプロテイン

  • 【ポイントを貯める事に専念し過ぎて、敢えてお金を使い、それによって、振り回されているような人】

還元率が高いからと、ポイントを貯める目的で、必要でない物を買ってしまうのは、非常に勿体ない事であり、今直ぐ辞めるべきです。お金を貯めると言う意識からは掛け離れてしまいます。ポイントを貯めるだけにお金を使うのは止めましょう。

 

  • 【夏・冬のボーナス払いや、月々の分割払いで買い物しまくっているような人】

現金を持って、買い物するより、クレジットカード1枚持てば、決済可能な時代です。ですが、無駄遣いしてしまうリスクは大きいと言えます。ボーナス払いも、分割払いも、少し先の前借りと言う事を忘れてはいけません。これは借金ですから。

 

  • 【貯金専用の口座と、生活していく上での口座が一緒になっているような人】

貯金をする為には、貯金しているんだと言うところを見せてはいけません。一つしかない口座で全てを管理すると、トータル金額を見て、この位なら使っても大丈夫だろうと思い込み、自分に対し、甘くなってしまいます。

 

  • 【節約すると言う概念が全くなく、ジプシーに陥りやすい人】

世の中には、節約法と言ったものが沢山出回っています。それらに手を付けていませんか?節約と言うのは、塵も積もれば的に、コツコツと習慣化し続けていく事が大切なのです。合わない方法を無理して続ける必要はないと思います。

 

  • 【中古品ではダメ何です、何でも新品じゃないとダメですと言っているような人】

何でもかんでも、新品じゃないとダメだと言っているような人は、そこを我慢しないと、お金は一生貯まりません。今は、リースやリユースと言ったものが主流となっているので、使ってみるのも良いかも知れません。

 

  • 【買い物する用事もないのに、必要以上に毎日、スーパーに行くような人】

特売品だけ、と思って、スーパーへ出向いても、これも買っちゃおうと無駄な出費はつきものです。お店に行かない事より、お店に入って、何も買わずに出てくる事の方が難しいと言えます。来店の頻度を減らすだけでも節約に繋がるはずです。

 

  • 【洋服にしても古い物はダメで、全て新しい物、流行物が好きだと言っているような人】

インターネットで話題になっている、気になる物を直ぐ買ってしまう人は、購入回数を絞る事を念頭に置いた方が良いかも知れません。これ欲しいんだと思う物だけ買って、不必要に何でもかんでも買うのは止めましょう。

 

  • 【自分へのご褒美にプレゼントを買うのは良いが、あまりにも高額な物を買ってしまうような人】

今日だけとか、今回だけとか、と自分へのご褒美として、あまりにも高額な商品 (バック・腕時計) などを買って、無駄にお金を使ってしまっているようなケースで、そんなお金があるのなら、少しでも貯金する事を優先してみたらどうか。

 

  • 【スーパーでは、タイムセールが頻繁に開かれ、そこで出されているセール品に弱いと感じているような人】

以前から欲しかった物がセール品となっているのであれば、それは「買い」ですが、殆どの場合、安いから買いだと購入したものに限って、値札が付いたまま使っていないなど、無駄な可能性大です。良く見て買い物しましょう。

 

【内側から強力にスカルプケア!育毛剤メーカーと共同開発した本気で飲むスカルプケア!「スカルプ青汁

 

  • 【収入が少ないのにも関わらず、贅沢してしまうような人】

日本のサラリーマンの平均年収は約400万円と聞きます。それよりも遥かに少ない場合、生活費でその殆どが消えてしまいます。当たり前の話しですが、貯金など出来ないと思います。その場合、パートや派遣などして、収入を増やす事を考えましょう。

 

それでは最後に、コチラの動画を視聴して頂いて、終わりにしましょう。題して【貯金できない人の特徴まとめ 漫画】です。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-