不労所得=権利収入を手に入れたいと願っている方へ

不労所得=権利収入を手に入れたいと願っている方へ

不労所得や不労収入、もしくは権利収入と言った言葉すら聞いた事がない人も数多くいるのではないでしょうか。私も最初は、権利収入と聞いた時、何ですかそれは・・・と聞き返したぐらいでしたから。

 

今日は、不労所得=権利収入を手に入れたいと願っている方へ向け、投稿していきたいと思います。これを読めばあなたもりっぱな不労所得者になれる・・・かも知れません。

 

不労所得とは・・・

不労所得は別の名を権利収入とも言います。

 

 

不労所得とは、利子、配当金、家賃、土地代などのように、あなたが働く事なく得られる収入の事を意味します。もう少し具体的に言うと、預貯金の利子、株式の配当金、アパートやマンションなどの家賃収入などが該当し、あなたが働いていない間もお金が入ってくる仕組みを言います。

 

ただ注意して欲しいのが、株式の配当金や家賃収入などは、必ず得られるものではありません。その事だけはしっかり覚えておいて下さい。例えば、あなたがどの株式を購入すれば良いのか、どの物件を購入すれば、安定した入居が期待出来るのか、と言った事を見極める能力が必要となってくる訳です。

 

また、ブログ内に張り付け、広告費を得るものやユーチューバーとして得る広告収入などもある意味、不労所得と言えるのではないでしょうか。インターネット上に動画などをアップロードするだけで、その視聴回数に応じて、継続的に広告収入が得られると言った感じですね。

 

しかしながら、配信する為には、コンテンツを作る必要があり、その労力が伴う事も多い為、ある程度の経験と、粘り強い忍耐力が必要となるので、余程でない限り、慣れていない方でないと不労所得と言う観点からすると、やや難しいのかなと言うのが出て来ます。

 

また、広告収入もしかり、株式の配当金や家賃収入と同様に、コンテンツを配信すれば、必ず収入に結びつくかと言えばそうではないと言えざる負えないと思います。このように不労所得と言われている方法であっても、収入を得るまでには、根気も必要なのかなと思っています。

 

実際問題として、私自身も権利収入を得るまで、ある程度の時間は掛かりましたからね。

 

ではここで、動画を視聴してみて下さい。

 

ノウハウや知識の習得には、多くの時間と労力が必要になったり、収入が入ってくるようになってからも、その仕組みの継続性を維持管理する事が重要になったりするケースが多々あります。

 

さらに言うと、不労所得の種類によっては、取り組み方次第で労力や収入が変化すると言う事を留意しておく必要も出て来ます。一例を上げると、特にインターネット上で紹介される数々の不労所得の多さには驚かされると思います。

 

その事からも、種類は多種多様であって、安易に動き始めると後で後悔するハメになるので、慎重に考える事が大切だと言えます。

 

それでは、次の動画も視聴して見て下さい。こちらは権利収入 (不労所得) についての動画であり、権利収入=不労所得生活と考えている方には最適な動画と言えます。

 

動画を視聴された方は、権利収入 (不労所得) の意味が少しお分かりになったかと思います。ではここで、動画内で解説されていた E S B I について説明していきましょう。

 

4つのクワドランドとは・・・
4つのクワドランドとは、別の名をキャッシュフロークワドランドとも言います。
  • 【従業員】=employee

従業員とは、企業に雇われ、給料を得ている人達を意味します。要するに企業から給料を貰っている人達は「E クワドラント」なのです。

 

  • 【自営業者】=self employee

自営業者とは、あなた自身で事業をおこなっている人の事を指します。例えば、個人で飲食店やサロンなどのお店を経営している人や、独立し、何らかのサービスを提供している人は「S クワドラント」なのです。

 

  • 【ビジネスオーナー】=business owner

ビジネスオーナーとは、ビジネスを所有する人の事を指しています。例えば、お店のオーナー、サロンのオーナーなど、基本的に現場には出ないで、事業に出資をしたりして、その事業の「権利」を持っている人の事を言います。

 

  • 【投資家】=investor

投資家とは、株や不動産などに投資をし、利益を得る人達の事を指します。

 

上記4つのクワドランド=キャッシュフロークワドランドの意味が分かって頂けたでしょうか。あなたは恐らくですが、左側の労働者として収入を得ている人ではないでしょうか?と言うより、殆どの方々がこちらの労働収入型人間であり、日々、時間の切り売りをしながら、自由な時間さえも奪われ、働いているのではないでしょうか。

 

それでは最後にもう一本の動画を視聴して見て下さい。こちらの動画はユダヤ人が早いうちから権利収入を得ているのはどうしてなのかについてです。とても勉強になるかと思います。

 

ユダヤの教えでは、次のような事を子供の頃から教えているそうです。それは・・・

 

ユダヤの教え・・・
世の中には、2種類の人間がいる。労働収入で働く人間と権利収入で働く人間だ。絶対に労働収入で働く人間にはなるな。だからアルバイトとかするのは止めなさい。それは別の民族の人にやって貰えれば良い。2年かかっても、3年かかっても良いから権利収入で自分の生活費を賄える状態を作り出しなさい。
今日は、3本の動画を視聴して頂いたと思うのですが、全ての動画を視聴して頂いた方は少なからず、権利収入に興味がある方ではないでしょうか。もしそれが本当なら、早いうちから権利収入を得られてみては如何でしょうか?
不労所得を得られる一番早い近道は、ネットワークビジネスをする事です。後はあなたの行動次第と言う事になります。何も言わず不労所得を得ましょう。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-