ゼロから1億円貯めた女性達の話し

ゼロから1億円貯めた女性達の話し

この話しは正真正銘、実際に起こった実話を元に、書いていこうと思います。ゼロから1億円貯めた女性達の話しです。1億円と聞いた時、私は正直、驚きを隠せませんでした。金額が金額ですから、そんなお金、どうやって貯めたのって不思議ですよね。だって、1億円ですよ、1億円。

 

 

ではどうやって彼女達は、1億円もの大金を貯めたのでしょうか。例えば、資産1億円を達成した女性を分けると「節約家」「投資家」「高収入」に分かれていたとされます。ここで彼女達の考え方や習慣を纏めてみたので見ていきましょう。是非あなたも真似をしてみるなどして、1億円を貯めてみて下さい。

 

彼女達の考え方や習慣を纏めてみました
  • 【幸運を得たいと思うのなら、黄色い財布は使うべきではないそうです】

 

 

良く黄色い財布は、幸運を呼び、お金が寄ってくると聞いた事はありますが、1億円女子達は、黄色い財布は持たないようです。お金持ちと言うのは、家計管理がしっかりしていると言われています。お金持ちの家計管理を真似ても上手くいかず、そんな時、いとも簡単に真似出来る習慣があるそうです。それは財布の使い方だそうです。

 

私の知り合いに、ファイナンシャル・プランナーをしている方がいるのですが、数多くのお金持ちが、家計の見直し相談に訪れると言います。相談料を受け取る際に、相談者の財布を目にする訳ですが、見ていると、お金持ちとそうでない人には、決定的な財布の使い方に大きな違いがあると言ってましたね。

 

傷んで型崩れした、ヘタレ財布を持っている人は、家計管理が苦手な兆候があるそうです。またその反対に、お金持ちや家計管理が良く出来ている人は、財布が綺麗で、レシートやその他の領収書などでパンパンになっておらず、拘りを持って使っているそうです。

 

風水では、黄色い財布は、良く金運を招くと言われてますが、本当のお金持ちは、黄色い財布を持っている人は殆どと言っても良いくらい持たないようです。どうしてなのか。お金持ちが持っている財布の使い方には、どんな特徴が隠されているのでしょう。

 

  • 【昔から言われてますが、お金持ちが持つ財布は長財布、これにつきます】

 

 

私もそうなのですが、昔から、ずぅ~と長財布を使っています。長財布はお札が沢山入るし、管理がしやすいところが好きですね。しかも、札入れの部分が二つに分かれているタイプを使っている人が多いと言います。私が使っている財布もそうですね。

 

お札とレシートを分ける事で、お札が何枚ぐらい入っているのか、直ぐに分かりますよね。また、クレジットカードは多くて2枚だけ財布に入れて、多くは保有しないで、利用する店も絞り込んで、ポイントやマイルを効率的に貯めているようです。

 

女性のお金持ちは、男性のお金持ちと違って、札入れと小銭入れが一体化している財布を使う人が多いのですが、小銭入れの部分は大きく口が開き、取り出しやすいタイプを好む人が多いとの事。要は、がま口タイプの財布を持っていると言う事ですね。

 

財布の使い方一つで、お金持ちになれると疑問を持つ人もいるかも知れませんが、とっても大事な事です。多くのお金持ちにとって、財布と言うのは、お金を管理するツールなのです。財布の中に幾ら入っているか、幾ら使ったのかが直ぐに分かる状態に保つ事が、お金持ちへの第一歩と考えるべきなのです。

 

  • 【家族で買い物に行く人もいる中、買い物は、家族と一緒に行ってはいけないと言います】

 

 

節約家タイプの人が実践して、誰でも簡単に真似出来る習慣の一つに、毎日、使っているであろう冷蔵庫を、綺麗に整理整頓する事だと言います。冷蔵庫の中に、無駄な食材が一切なく、冷蔵庫の容量全体の半分程度しか、モノが入っていない事が大半だそうです。

 

廃棄する食材を出さない為には、まず不要な食材を買わない事が重要であり、大前提だそうです。逆に冷凍庫の中が、ぎっしり食材で詰め込まれていないかと言う事も重要であると言います。あなたのところは大丈夫ですか?

 

スーパーへ出掛け、特売の食材を纏め買いしたモノを、切り分けてパックにし、冷凍庫に保存。既にその流れが完璧な状態で出来ている訳です。買い物に行く時、夫や子供を連れて行かないのも大事だと言う事です。無駄なお金を使わないと言う考えもあるようです。

 

買い物に出掛ける際は、予算内に抑える為、買い物リストを作成。夫や子供が一緒に行くと、買い物カゴに、予定外の商品が入る事が多く、予算を遥かにオーバーしてしまいがちになり、それを避ける為に、一人で買い物に行く事を、習慣にしている人が多いとの事。

 

  • 【子供の教育にお金を掛ける親もいる中、1億円女子の中には、必要以上にお金を掛けないそうです】

 

 

子供の教育にも、必要以上のお金を掛けないのも特徴の一つと言えます。資産1億円を実現する人の中には、公立の強い地域に住み、高校までは、公立に通わせるケースが多いとの事。例えばですが、埼玉県のさいたま市、千葉県の船橋市、市川市、流山市、幕張などが人気だと言う事です。

 

良い、公立校があって、且つ、都心までの通勤もスムーズな場所を選んでいる事が分かりますね。米国に於いても例外ではなく、公立校の強い地域に、新富裕層が集まると言う傾向にあると言います。私もこの話しを聞いた時、驚きましたね。まさかと思いました。

 

  • 【普通失敗すると、周りを気にするものですが、そこを上手く失敗して、成功を掴むと言うのが1億円女子】

 

 

投資家タイプに学ぶべき習慣としては、まさにチャレンジ精神と言えます。彼女らは、チャレンジして失敗する事よりも、チャレンジしなかった事を悔しいと考えます。これは女子に限らず、男性でも、チャレンジしない事が悔しいと思うでしょう。

 

とは言え、失敗が怖くない訳ではないでしょう。誰でも失敗は怖いはずです。だから、徹底的に勉強して、出来るだけ、失敗を避けるようにすると言う考え方。また、立ち直れない程の大きな失敗はしない努力をしている。言葉を言い換えれば、失敗の仕方が上手だと言えるのです。

 

  • 【あなたが住んでいる家は、一戸建てであろうが、マンションであろうが、アパートであろうが、投資対象として考える】

 

 

お金持ちのタイプによって分かれるのですが、まず価値観が分かれるのが住宅だと言う事です。中でも、投資家タイプの住宅に対する考え方は独特だそうです。投資家タイプの人は、家を投資対象とし、投資したいかどうかで判断する傾向があるとの事。

 

結果的には、家を買わないケースも多いそうです。投資家タイプの人は、家に夢や幻想を抱いていない事が多々あるようです。不動産を貸した場合、得られる家賃と物件価格で、投資効率を計算する収益還元法で見れば分かり易いと言います。

 

  • 【仲が良くても、ビジネスをする上では、決してパートナーとして選んではいけない】

 

 

高収入タイプから、学ぶべき事は、仕事のパートナー選びです。起業で成功している人は、自分と違う能力を持つ人と組んで仕事をするケースが多いと言います。女性が起業する場合、仲の良い相手と一緒に始めるケースが多いと聞きますが、成功する為に、同じタイプを持った人は必要ないのです。

 

自分とは違うタイプの人をパートナーとして迎え入れ、互いに協力し合って、足りない部分を補い合う関係が最も重要であり、大切だと言う事です。確かに、同じタイプを持った人ばかりいても協力し合えない状況が生まれてしまうかも知れませんね。

 

  • 【本当は望んでもいないのに、敢えて、そんな望まない異動を良しとする考え方】

 

 

一度、会社に勤めてから、独立し、起業するケースが多い中、お金持ちと言うのは、サラリーマン時代に自分が望まない部署に異動になったとしても、逆にそれをチャンスと考えるようです。普通は嫌だと感じる人が多いと思いますが。

 

複数の部署を経験した方が、会社の中で、様々なスキルを身に付けられます。異動したくないと思う部署は、あなた自身が苦手分野の可能性が高いと言っても良いでしょう。起業して経営者になれば、会社内の全ては、自分で判断しなければなりません。その時、その経験が役に立つのです。

 

  • 【仕事の任せ方が上手い人とそうでない人がいますが、任せるのが上手い人になりましょう】

 

 

高収入タイプには、時間のレバレッジを意識している人がいます。1人で出来る仕事の量には絶対的に限界があります。高収入タイプには、他の人の能力や時間を使って乗り越えていきます。これが高収入タイプに多い特徴と言えるでしょう。

 

事務処理能力の高い人程、他人に任せようとせず、自分で仕事をやります。それでは、自分の能力の限界が収入の限界になってしまうと考えます。それはある段階まで、自分で作り上げたら、それ以降、他の人に任せ、自分は、その人達が能力を発揮出来る場を作る側に回るだけなのです。

 

お金持ちになるには、他の人にどう働いて貰うかを常に意識しておいた方が良い。

 

タイプ別にいろいろな考え方や習慣を書いてきましたが、あなたがこれらを実践していったとしても、直ぐに効果が出るものではないので悪しからず。大事なのは、小さな事をコツコツと、根気良く積み重ねていく事が大事なのです。

 

途中で挫折しない為には、強い願望を持つ事が重要と考えます。もしあなたが本気でお金持ちになりたい、夢を実現したい、と思っているのなら、地道に努力を続けるべきなのです。

 

 

ブログトップページへ戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おススメの記事 -Recommended articles-